TOP > アーユルヴェーダについて

アーユルヴェーダは、インド・スリランカで約5000年以上前に生まれた世界最古の 伝統医学です。サンスクリット語のAyuh(生命・寿命)とVeda(科学・知識)を合わせた言葉からなっていて、生命科学、そして実践的な生活健康法として受けつがれてきました。

お釈迦さまもアーユルヴェーダを愛して、食事や生活にも取り入れて、後の教えにも大きな影響を与えたといわれています。そんな、アーユルヴェーダは、現代の世界中の自然療法や美容法の基礎になっています。

 

アーユルヴェーダは、「生命は、肉体と感覚器官、精神(思考)と魂(心)が結びついて支えあっている」と教えています。世の中には、たくさんの健康法が存在しています が、アーユルヴェーダはこの4つすべてに働きかける方法を教えてくれます。そして、病気の人だけでなく、健康な人も、正しい生活法を おくることによって、さらに健康になることができると言っています。

Image

 

私たちは、アーユルヴェーダによって、「健康で美しく生きる人」を日本中にたくさん増やしたいと思っています。

健康で美しい人とはどんな人でしょうか?ただ外見が美しいだけでなく、心とからだ、自分と一緒に生活をおくる人たち、そして自然とも調和がとれていること、いきがいをもって、輝く笑顔で毎日いきいきと暮らしている人だと思っています。

アーユルヴェーダの教科書では、「アーユルヴェーダは、健康な人にも、病いに苦しむ人にも、最善の道。その中には、病気の原因、症状、治療の方法をすべて教えている」といっています。とくに、病気の原因については、2つのポイントがユニークです。

 

アーユルヴェーダが求められる2つのポイント

 1. 自分の体質を知ることによって、病気を予防できます

Vata / Pitta / Kapha

アーユルヴェーダでは、からだを単なる物とはとらえず、脈や呼吸、体温 調節などのからだの変化や心の変化にも、目には見えないエネルギーが働いていると考えます。

 

そのエネルギーを、ワータ(運動エネルギー)、ピッタ(消化エネルギー)、カパ(結 合エネルギー)の3つに分けています。3つのエネルギーはそれぞれ、全ての人が持 っていますが、どのエネルギーをどの位持っているか、そのバランスは人それぞれ異なります。

このエネルギーのバランスの違いが体質です。自分の体質を知ることによって、自分がどんなアンバランスや不調になりやすいかを予測し、予防することができます。

 

2. 不調の原因は生活習慣にあります

不調の原因は生活習慣にあり、不調を改善するには、その原因を取りのぞくこと、生活習慣の見直しが必要です。例えば、多くのマッサージ は、筋肉をゆるませ、痛みの症状をおさえますが、原因となる生活習慣を改善すること が大切です。体力をつけ、常に若々しくあるための生活方法として、生活リズムと食事、心身調整(運動、ヨーガ、呼吸法、瞑想法、入浴、オイルマッサージ)などがあります。

 

アーユルヴェーダは最新の予防医学

Image

自分の体質を知って、からだの不調をあらかじめ予測し、病気や不調の原因を自分自身で取りのぞく方法を教える、5000 年前に生まれたアーユルヴェーダは、まさしく現代人に必要な最新の予防医学です。

からだ も心も健康であれば、人生を楽しむことができます。これが、アーユルヴェーダのいう、生命そのものに対する医学です。アーユルヴェーダは人が生まれてから死ぬまでの一生を楽しむ方法を 教える科学であり、哲学です。

アーユルヴェーダは古代インド人による何か特別なものではなく、時間や空間を超えて、地球の上で今を 生きる私たち一人ひとりが生まれながらにもっている幸せに生きるための智慧です。

忙し いストレスいっぱいの毎日の生活の中で、外に向けられた意識を、どうぞ一瞬だけ「内なる」自 分自身に向けてみてください。自分自身の身体と心を大切にする方法を知って実践して、楽しく、幸せに人生を生き抜いていきましょう。

 

■アーユルヴェーダのめざす豊かな人生をおくりましょう

私たちが、係わる人々や自然環境と心をかよいあわせ、心地よく、平和で、バランスのとれた状態が、心の調和がとれた状態です。そして、心が穏やかで調和のとれた状態にあると、私たちは人それぞれ生まれながらにもっている役割に気づいて、その役割にむかって、能力が発揮でき、人のため、社会のために、役に立つような生き方ができます。

このように心の充足をえて、幸福で心豊かな人生、それがアーユルヴェーダのめざす人生です。

調和のとれた心の状態にあると

 

■アーユルヴェーダのめざす健康とは?

アーユルヴェーダでは、「生命とは肉体と感覚器官、精神(思考)と魂(心)が結合して、相互に支えあっている」と定義しています。そして、「健康とは、肉体と精神が正しく働いて、感覚器官と魂が純粋な状態である」と定義しています。精神とは頭をつかって思考し判断すること、魂とは私たちの悦びや悲しみなどの感情の記憶です。

 

アーユルヴェーダは、この4つすべて、肉体と感覚器官、精神、魂の全体に働きかける方法です。この全体に働きかける正しい生活方法をおくれば、病気の人のみならず、健康な人も、自分が自らの医者であるかのように、健康を増進することができると言っています。

アーユルヴェーダで心と身体のすべてに働きかけて健康になる

 

■あなたの体質と気質を知ることが健康のスタートです

現代医学は、人を細胞や臓器などの物としてとらえています。アーユルヴェーダは、人間をからだや心の機能や働きでみています。 その機能や働きを生理エネルギーで表し、3つに分類しています。それはワータ、ピッタ、カパです。

Vata / Pitta / Kapha

Vata ワータ【運動エネルギー】
筋肉の運動によって、食物が消化管の中を動いていったり、心臓などが動いています。また、血液や体液の循環や神経の伝達など、これらは全て運動エネルギーの作用です。
Pitta ピッタ【変換エネルギー】
食物を消化して、エネルギーや血、筋肉などの組織に変換したり、目や耳から入れた情報から思考したり、記憶したりして、自分の知識にする、これらは全て変換エネルギーの作用です。
Kapha カパ【結合エネルギー】
組織を結合させて、からだの構造を維持し、なめらかに保つ、これらは全て結合エネルギーの作用です。
人間は必ずこの3つの生理エネルギーを持っていて、それらが連携をとりながら、身体をつくり、動かすというプロセスを行っています。しかし、その3つのバランスは、人それぞれ異なり、それが体質となってあらわれます。

3つのタイプ

■不調の原因はそのほとんどが生活習慣にあります

アーユルヴェーダの生活法たとえば、こんな症状にお悩みの方?

○疲れやすい ○身体がだるい ○気力がない

○肩こり ○首がこる ○手足がだるい

○関節痛 ○偏頭痛 ○目の疲れ ○めまい

○多汗 ○音に対して敏感 ○寝つきが悪い

○眠りが浅い ○早く目覚め再び寝付けない

○夢ばかり見て寝た気がしない

○心臓がドキドキする ○胸が痛くなる

○不整脈 ○食欲不振 ○胃がもたれる

○吐き気・嘔吐 ○下痢 ○便秘

○お肌のシミ ○しわ ○くすみ

その原因はあなたの生活習慣にあります。

アーユルヴェーダの生活法で身体と心の不調から抜け出し豊かな人生をスタートしましょう。

メルマガ「脳暦だより」登録

アーユルヴェーダの小話やスクール最新情報をお届けいたします。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)