講師紹介

The College of Ayurveda

TOP > 当カレッジについて > 講師紹介

当カレッジで学ぶ方が、当校を選んでよかったと思われる理由の一つとして魅力的な講師の存在があげられます。英国アーユルヴェーダカレッジには、アーユルヴェーダの臨床医師をはじめ、現代医学とアーユルヴェーダの両方に精通する医師、サロンを開業しているベテランセラピスト、研究やビジネスの分野で優れた実績を誇る講師陣がそろっています。当校で学ぶ皆さまがそれぞれの個性や力を充分に伸ばし、人生においてより多くの可能性をつくるのを応援します。

授業は講師から皆さまへの一方的な指導ではなく、双方向の活発なディスカッションによって、納得するまで学んでいただくことをモットーにしています。

【学長】パーリタ・セラシンハ 【校長】山田 泉

■アーユルヴェーダ研究成果
■生活習慣病

上馬塲 和夫

■アーユルヴェーダ基本理論
■ディナチャルヤ理論

小峰 博生

■アーユルヴェーダ基本理論
■ディナチャルヤ理論

田端 瞳

■応用栄養学
■アーユルヴェーダクッキング

冨岡 和也

■アーユルヴェーダマッサージ実技

宮腰 紀子

■ヨーガ概論
■ヨーガ実技

鶴見 白百合

■マナー
■コンサルテーション

薗川 貴子

■メイクアップ

tomoko
 

学長 パーリタ・セラシンハ

【PROFILE】
The College of Ayurveda (UK) Assitant Director。 英国アーユルヴェーダカレッジ学長。
1982年にコロンボ大学(スリランカ)伝統医学部 主席卒業。
1991年富山医科薬科大学医学博士号取得。

その後、The College of Ayurveda (UK) 設立に際し、カリキュラム作成や研究開発のために招聘され、同カレッジの教育、経営の両面において中心的役割をはたす。 2005年以来、The College of Ayurveda (UK) は、国立ミドルセックス大学にカリキュラムを提供している。現在、英国在住。同国内でも著名なアーユルヴェーダ医師となる。日本に留学していた事もあり、日本語および日本文化の造詣も深い。

 

校長 山田泉

【PROFILE】
英国アーユルヴェーダカレッジ 校長
1984年慶應義塾大学卒業
1988年UCLA経営大学院修了(MBA)

住友信託銀行を経て、1994年独立。スタートアップ企業を中心に、ホテル、化粧品メーカー、技術系ベンチャーのコンサルティング業務に携わる。その後、ライフサイエンスに活動を集中し、再生医療や生体分子解析センサーの開発と事業化に取り組むかたわら、病気の予防、健康の増進に関心が深まり、アーユルヴェーダと出会う。2006年からアーユルヴェーダセラピストの養成、サロンのプロデュースを行っている。


英国 AYURVEDA COLLEGE 認定アーユルヴェーダセラピスト&カウンセラー
European University Viadrina(ドイツ)非常勤講師
アンダーザライトヨガスクール講師、社外取締役
全米NLP協会認定マスタープラクティショナー
全米ヨガアライアンス認定TT1修了
健康管理士
自分から何を学び取って欲しいと考えますか?
アーユルヴェーダは5000年も前に遠い南の国で生まれた伝統医学ですが、現代の私たちの生活から全くかけ離れたものではありません。分子や細胞のマイクロなレベルで実証されたデータに基づく現代医学や美容と、宇宙や自然界の中での生命を説くアーユルヴェーダの両方を知ることで、人間として生きていることをより広く深く楽しむことができるのではないでしょうか。各コースの限られた時間で両方のバランスを大切にしながらカリキュラムの全体をプロデュースするよう心がけています。
最近の新しい試み、趣味を教えてください
アーユルヴェーダは五感のバランスを大切にします。そこで何か五感を楽しむものはないかと昨年より茶道のお稽古を再開しました。茶室の扉を開けた途端、まさしく五感の旅の始まりです。日常から離れた静謐な空気を肌で感じることから始まり、畳と炭と抹茶の香りを楽しみ、道具や茶花、掛け軸の優雅な色彩は目を喜ばせてくれますね。抹茶とお菓子の絶妙な味のバランスは言うまでもなく、お湯を茶碗に注ぐ音を感じるだけでも心が暖まります。ゆっくり少しずつお稽古を続け、人生を豊かにしていきたいと思っています。
メッセージをお願いします!
私の好きな言葉に「セレンディピティ」というのがあります。それから由来するセレンディップとは現在のスリランカのことをさします。ペルシャの王子さまが冒険旅行を通して思いもかけぬ経験を積み、新しい知識を身につけ、祖国を難局から救います。この故事にちなみ、経験の積み重ねから得られる、偶然による科学上の発見を「セレンディピティ」と呼び、ノーベル賞はたいていが「セレンディピティ」と言われています。現代に生きる私たちが遠い南の国の伝統医学に出会い学ぶこと自体がすでにあまりにも偶然のことですが、アーユルヴェーダを学び、日本中の人々の癒しの旅で経験する色々なできことから、皆さんの「セレンディピティ」を発見するでしょう!
 

上馬塲和夫

【PROFILE】

帝京平成大学東洋医学研究所 客員教授
ハリウッド大学院大学 教授
富山県浦田クリニック統合医療研究所所長

医師、医学博士

1978年広島大学医学部卒業後、東西医学の融合をライフワークとすることを目指して国家公務員共済組合連合会 虎の門病院内科に入局。幅広い西洋医学的知識を身に付けた後、日本で初めての東洋医学研究所である北里研究所付属東洋医学総合研究所に入所。漢方医学や鍼灸の臨床、漢方薬理の研究に従事する。

その際、インド伝統医学アーユルヴェーダに出合い、東洋医学の融合が可能であることを直感する。そして、北里研究所にて臨床薬理の研究に携わりながら、アーユルヴェーダの現代医学的研究に取り組む。

日本東方医学会 会長
東方医療振興財団 理事長
日本アーユルヴェーダ協会 理事長
日本ヨーガ療法学会 理事
日本補完代替医療学会 理事

 

小峰博生

【PROFILE】
アメリカにて環境科学を学び、その後、渡印。グジャラート アーユルヴェーダ大学医師コースを卒業、インド政府認定のアーユルヴェーダ医となる。
日本アーユルヴェーダ研究所理事。
日本アーユルヴェーダ学会評議員。
スーパーME.evolve主宰
自分から何を学び取って欲しいと考えますか?
自分も世界も生き方からニッコリしていける。 アーユルヴェーダは世界の生き物ネットワーク・ハッキングでイケイケ・ガンガンな生き様医療。 現実と呼ばれている物は自分で作っているんだよ。主体的に挑戦するような、岡本太郎的なヘンリー・ソロー的な前向きで人生にガツンとぶつかって行けるような突き抜けマックスなアーユルヴェーダ。
最近の新しい試み、趣味を教えてください
アーユルヴェーダや仏教をベースに認知科学、心理学、複雑系、様々な医学や生物学など現代の知識も取り入れて『生き方から自分と世界をニッコリにする具体的方法論の構築』に凝っています。生活習慣やストレス・マネージメントをアドバイスしても『わかっちゃいるけどやめられない』と日々のパターンを繰り返す無限ループ。そんな繰り替えされた自分の意識の牢獄を楽しく捉えて楽しく突き破る具体的な方法論。世界は何層にも重なり合って交わりあっているネットワーク。アーユルヴェーダには『独立した自己などいない』と喝破します。自分自身も生物学的には1:9でほとんど細菌層の細胞の方が多い。どこまでが自分でどこからが細菌なのか? 心という現象も喜んでいる時もあれば悲しんでいるとき、怒っているときもある。それぞれが別々の『回路』で違った代謝系の『回路』を回し始める。一人の人間の中にも幾重もの『回路』がある。そしてその『回路』は社会とも連動して自然環境とも連動している。自分なんてどこにもいない。世界には揺らいでいる変化して瞬いているネットワークがあるだけ。 普段は瞑想して『いつもの自分の神経の働きネットワーク』から紬出される日常の意識を抜けて『自分の檻』を突き抜ける事が大好き。日常の健在意識が崩れると『世界は喜びしかないんだ』と感じます。最後は野生動物位、さっぱりとしたいです。自我とか疲れるからいらない。無駄な自意識とかも。 アーユルヴェーダっぽくないかも知れないけどDIYバイオという流れで生命化学をガレージの中で始めるという流れがアメリカでは盛んになってきました。昔のコンピューターのイノベーションがアップルとかのようにガレージから始まったように。結構、興味あります。 最近の趣味としては義太夫を習い始めています。日本にあんなに魂の雄叫び系の音楽があるとは知りませんでした。三味線の共鳴音とギーコーギーコー出すノイズ的演奏していて、ある所では『邦楽界のレディー・ガガ』とか変なコピーを付けられていた義太夫三味線の奏者が『この恨み~♪』と唄っていたの聴きにいく。 『僕もあんな声だして『この恨み~』って言いたい、唄いたい、全身を感情で染めてみたい』と思い立って習い始めました。割り切れない感情をとりあえず変な声で叫んじゃう義太夫が好きです。 変なもの大好き、変な人大好き。 南方熊楠的な破天荒な学者が大好き。 地獄太夫や一休さんがかっこいい。 基本、パンクな人に共鳴する。 自分が変じゃないと思っている人が一番、怖いと思っている今日このごろ。 自分の思うようなアーユルヴェーダとして「スーパーME.evolve」を始める。 一般的なアーユルヴェーダのイメージからちょっとかけ離れているかもしれませんが本人は本気。
 

田端瞳

【PROFILE】
インド政府国家資格アーユルヴェーダドクター/保健師/アーユルヴェーダ学会理事/AMAJ主催

看護師として病院勤務する中、医療現場の中でさまざまな局面に立ちあい、もっと日々の中で自然なケアができないかと考えるようになりアーユルヴェーダを学びはじめる。
その後ナチュラルメディスンへの興味が高まりインド政府奨学生(ICCR)として国立グジャラートアーユルヴェーダ大学に国費留学。
アーユルヴェーダの医師の資格取得。

7年半におけるインド生活の中でアーユルヴェーダのほか、ヨーガをはじめとしたヴェーダ哲学、インド占星術、ナチュロパシーを学び帰国。
現在は現代医学との融合を図るべく医療現場を中心に活動している。

不知火病院(精神科専門病院)
山田レディースクリニック(産婦人科)
東洋医学外来 大牟田共立病院(東洋医学)
不知火クリニック博多(精神科)

自分から何を学び取って欲しいと考えますか?
【木の葉っぱが枝からはなれてひらっと舞って地に落ちる‥】このような当たり前の日常の中にも「世界の法則」が存在しています。いにしえの昔から伝わる「世界の法則」はとても興味深く面白いです。そのおもしろさをお伝えできればと思っています。
最近の新しい試み、趣味を教えてください
ニュースのチェックは午後にして、朝の「ニュース断食」をしています。朝の時間をゆったりと始められるのでおすすめです。
ジャズが好きで時々ピアノの前に座って音楽を楽しみます。音の中にも法則があっておもしろいです。
メッセージをお願いします!
たった今この瞬間にも貴重な「時間」が流れていっています。
人生の中で自分と向き合って豊かに過ごす時間がどんどん皆さんの中に広がっていったらいいなあ!と思っています。
また、皆さんとさまざまなことについて「疑問」や「質問」をぶつけ合える、こんなに楽しい時間はありません。みなさんとお会いできるのをこころから楽しみにしています。
 

冨岡和也

【PROFILE】
料理人、セラピスト、音楽家であるとともに、都内各所/近郊の全米ヨガアライアンス認定校にて、ヨガインストラクター養成講座の講師、及び教材作成も務める。 五感を使った生活空間オーガナイザーとして、「幸せ空間」の演出を第一に考え、その人にあったスタイルで無理のない健康法を提唱する。 インドのアーユルヴェーダの病院や5スターホテルのキッチン、イタリアの2つ星リストランテなどで働く経験をもち、企業や飲食店向けのメニュー開発・レシピ開発、コラム執筆や監修など、雑誌/TVなど多方面で活動している。ヨガ専門雑誌「Yogini」にて、アーユルヴェーダのエッセイを連載中。

インド政府機関BSS認定アーユルヴェーダセラピスト
栄養士
フードスタイリングスタジオ・食のアトリエ「Natural Lifestyle」(代々木上原)代表
自分から何を学び取って欲しいと考えますか?
情報社会の中で、目まぐるしく移りゆく栄養情報や食事療法。栄養学と、その使い方を学ぶことで、新しい情報が出てきた時、どう向き合っていくのか、そして、どこまで取り入れるべきなのかを、ご自身で判断できる力を養っていただきたいと思います。
最近の新しい試み、趣味を教えてください
インドと日本で、南インド古典楽器サラスワティ・ヴィーナを学んでいます。古典を学ぶことは容易な事ではありませんが、古典や伝統に触れることで、よりアーユルヴェーダや、その背景にあるヴェーダを理解する事ができればと思い、楽しみながら学びを続けています。
メッセージをお願いします!
料理人の立場から、アーユルヴェーダの病院や、リトリート施設などで、日々の料理を提供してきた経験を、みなさまとシェアしていきたいと思っています。美味しく、楽しく、学びも深く、伝統を大事にしながらも、日常に活かせるアーユルヴェーダを一緒に実践していきましょう。
 

宮腰紀子

【PROFILE】
東京農業大学卒。製薬会社、化粧品メーカー等に勤務後、出産を機にアーユルヴェーダを学び始める。
アーユルヴェーダセラピスト
アーユルヴェーダライフカウンセラー
自分から何を学び取って欲しいと考えますか?
作成中
最近の新しい試み、趣味を教えてください
作成中
メッセージをお願いします!
作成中
 

鶴見白百合

【PROFILE】
プロフィール作成中
自分から何を学び取って欲しいと考えますか?
作成中
最近の新しい試み、趣味を教えてください
作成中
メッセージをお願いします!
作成中
 

薗川貴子

【PROFILE】
上智短期大学英語科卒業後、新日本製鐵株式会社入社。米国人駐在員秘書業務に携わる。その後、British airways plc.に入社。客室乗務員として日本~ロンドン間を乗務する。ブレア首相来日のVVVIPフライト乗務。英国本社社長より‘Award for Excellence’を授与。2001年、ライフワークを「美と健康」の分野におき、アロマセラピーの世界に入る。 2002年、株式会社ニールズヤードナチュラルレメディーズ認定プロフェッショナル・アロマセラピスト資格・英国IFA認定アロマセラピスト資格取得。2008年、特定非営利活動法人日本メディカルハーブ協会認定ハーバルセラピスト資格取得。 サロンにてアロマセラピストとして施術をする他、講師、サロンアドバイザーとして活動する。
自分から何を学び取って欲しいと考えますか?
私は、セラピストの仕事を「究極のサービス業」ととらえています。今の自分を知り、お客様と向き合うときに何が必要かを感じ、考え、それを実践していただきたいと思います。そして、ご自身の「アーユールヴェーダ セラピスト像」を造って頂けると嬉しいですね。
最近の新しい試み、趣味を教えてください
昔から現在そして将来におよんで興味があるのは、『香り』『美しいもの(こと)』に触れることです。若い頃には西洋のものを好んでいましたが、最近では東洋のもの、特に『和』のものに惹かれています。趣味の時間は自分自身を取り戻す大切な時間となっています。
メッセージをお願いします!
セラピストという仕事はお客様の反応がダイレクトに返ってきますので、毎回喜びや達成感を感じたり、反省もします。それを次に活かして、またお客様に喜んでもらえるよう、満足していただけるよう、またご来店していただけるよう工夫するのは楽しいものです。やりがいのある仕事だと実感しています。
 

tomoko

【PROFILE】
関西女子美術短期大学でグラフィックデザインを学び、広告代理店でPOPライターの仕事に就く。モデル撮影現場に立ち合う事があり、メイクに興味をもち、メイクスクールに通い始め、いろんなメイクの中で、傷を隠すリハビリメイクにも興味をもち学ぶ。大手メイクアップスクール/カルチャーセンター/サロン/百貨店などで、講師・イベントに携わる。
結婚、出産、子育てを機に前線を退き、個別にメイクの施術を請け負う。
三井ホーム様 主催
・「ミセスのためのビューティーライフスクール」講師
・「男性でも出来る身だしなみメイク」講演
自分から何を学び取って欲しいと考えますか?
働く女性、専業主婦、子育て真っ最中の女性など、様々なライフスタイルによってメイクにかけられる時間、お金、方法が異なる事を実生活で体感する事で、「もうひとりの自分」と「なりたい自分」は、エイジングケアと共に変化し「生活するメイク」が必要と思い、自身の体験を基に、難しいメイクではなくTPOに応じた「もうひとりの自分」「なりたい自分」を演出。“毎日笑って楽しく暮らす”をテーマに「魔法のメイクアップ術」を提唱。メイクの力が伝われば!っと思ってます。メイクで「キレイ」と「笑顔」で人生を楽しんで下さい。
最近の新しい試み、趣味を教えてください
最近は、スケッチブックにクレヨンで絵を描くこと。下書きをしないので、どんな仕上がりになるか分からないところが面白いです。父が蒔絵師で、お茶のお道具が常にあり、お稽古もしてましたので、お茶の世界の奥深さに興味があります。
メッセージをお願いします!
学びに終わりはないので、アーユルベーダーに出会った頃の気持ちを忘れずに邁進して下さい!その先に自分とお客様の笑顔があると思います。

 

>>トップページ
>>講座一覧
>>受講生の声
  • 説明会・セミナーお申込
  • 資料請求
  • お問い合わせ

0120-556-186 受付時間 10:00-18:00 (月・金定休)

0120-556-186 受付時間 10:00-18:00 (月・金定休)

メルマガ「脳暦だより」登録

アーユルヴェーダの小話やスクール最新情報をお届けいたします。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)