TOP > 講座一覧 > アーユルヴェーダ生活3ケ月実践コース

【23時間/週1日約3ヶ月】
石井校長が開発した アーユルヴェーダチューニングメソッドに従って、 あなたの体質に適した毎日の生活法や食事の注意点、 ストレスコントロールの方法などを学び 至福のオイルトリートメントを5回も受けて、フィジカル面もメンタル面も変化をめざす3ヶ月間です。
1.自分の運命をプラスの循環に変えたい方
2.毎日が忙しく、肩こり・腰痛・冷え・足のむくみ・肌荒れ・眠れないなどの症状がある方
3.根本的に自分自身のライフスタイルを見直して元気になりたい方
4.西洋医学や薬だけに頼らずに、自分の自然治癒力を上げて症状を改善されたい方
5.アーユルヴェーダを体験し、納得して総合プロコースへ進学したい方

本コースは、アーユルヴェーダの生活法を実践しながら、 自分とじっくり向き合って、 体質改善していくコースです。
細胞が生まれ変わる3ヶ月という期間で、 あなたの人生が、幸福で輝くものとなるでしょう。
石井校長とセラピストと一緒に、 ぜひ、アーユルヴェーダの真髄を体験ください。
次回開講は 1月5日(木)1月29日(日) です。
3ケ月間のスケジュールは事務局にお問い合わせください。

体験談

3ケ月コース体験者 木村 仁美さん

3ケ月コース体験者 清藤 美智子さん

3ケ月コース体験者 関 理恵さん

こんな方におすすめです

    • 自分の運命をプラスの循環に変えたい方
    • 毎日が忙しく、肩こり・腰痛・冷え・足のむくみ・肌荒れ・眠れないなどの症状がある方
    • 根本的に自分自身のライフスタイルを見直して元気になりたい方
    • 西洋医学や薬だけに頼らずに、自分の自然治癒力を上げて症状を改善されたい方
    • アーユルヴェーダを体験し、納得して総合プロコースへ進学したい方

もし、あなたがこのようなことでお悩みなら、 ぜひ「アーユルヴェーダ生活3か月実践コース」へご参加ください。

【コースの内容】期間:約3か月 時間:1回2時間(全12回23時間) 受講料170,000円

    • ワークショップ 1回2時間(全6回12時間)
    • トリートメント&生活アドバイス 1回2時間(全5回10時間)
    • 心理カウンセリング 1回1時間(全1回1時間)
    • 上記以外にご自宅での実践も含まれます
        ☆総合プロコースへ編入を希望される方は、本コース受講料のうち、70,000円分が差し引かれます。
「思いが変われば運命が変わる(石井泉著)」が実践できる  3か月コースです!
石井校長が開発した アーユルヴェーダチューニングメソッドに従って、 あなたの体質に適した毎日の生活法や食事の注意点、 ストレスコントロールの方法などを学び 至福のオイルトリートメントを5回も受けて、 フィジカル面もメンタル面も変化をめざす3ヶ月間です。
アーユルヴェーダ生活を実践するだけでなく、 そこから体質の変化を確実に感じ取り、今後に活かしていく部分まで、 しっかりとアドバイスをして、サポートすることにより力を入れるため、 石井校長の心理カウンセリングでのフィードバックとケアを 重視しております。
ご検討されている方は、アーユルヴェーダ入門セミナーにぜひ一度ご参加ください!

本コースはこんなカリキュラムとスケジュールで学びます

<石井校長のワークショップ内容>

■第1回 アーユルヴェーダ概要 ・アーユルヴェーダの目的 ・心とからだの関係 ・体質について ・なぜ病気になるのか ・それぞれの体質の特徴 ・体質と生活習慣の関係

■第2回 健康に過ごす理想的な方法
【実践】早起き
【実践】目覚めのヨーガ
【実践】舌の掃除
【実践】水・白湯を飲む
【実践】運動
【実践】セルフマッサージ
【実践】入浴
【実践】部屋の換気
【実践】吉相物を眺める
【実践】呼吸法
・ご自宅でのセルフマッサージ用では、   約1リットルのアーユルヴェーダオイルをたっぷりお使いいただきます。
■第3回 アーユルヴェーダの食事法
・からだのエネルギーのバランスに   影響を与える味と性質
・心への作用 ・食事の準備、量、産地 ・食事をする環境
・体質別食材・調理法の選び方
■第4回 メンタルストレス
・ストレスの正体
・ストレスのからだへの影響
・ストレス状態の兆候
・睡眠のメカニズム
・アーユルヴェーダがストレスにいい理由
■第5回 いきがいについて
・脳の仕組みの3つの原則
・意識のレベル
・自分の生きる意味を探す「スピリチュアルジャーニー」
■第6回 ・ヨーガ・呼吸法・瞑想法(座学) ・心が楽しくなる7つのスピリチュアル ルール

<オイルトリートメント  HEAD + BODY>

全5回のトリートメントを受けていただき、 老廃物を体外へ出し、心身の浄化を図ります。

■オイルについて
・スリランカ産のアーユルヴェーダオイルを   たっぷり使います。
・アーユルヴェーダのオイルはセサミオイルが   ベースになっています。 セサミオイルは抗酸化作用が高く、 不調の原因の一つである、   身体の中にある未消化物や老廃物を溶かし、 身体の外に排泄しやすくします。
■マッサージの手技について
・オイルを体の深部組織までしっかりいきわたらせるために、温めたオイルをたっぷりと使用します。
・リラクゼーションと不調の緩和を目的とした「タイラヴィマルダナ」という手技を使い、   筋肉の凝りや緊張をほぐしながら浸透させていきます。
・マッサージは、生命エネルギーの流れに沿って行います。身体は、腰を中心として下半身は腰から足先に、上半身は腰から肩、肩から手の指先に向かって    生命エネルギーを流すように、マッサージします。

<ご自宅でアーユルヴェーダを実践>

ワークショップで学んだ、アーユルヴェーダの生活法を ご自宅で実践していただきます。

■セラピストによるライフカウンセリング
運動、早起き、野菜中心の食事。 からだに良いと分かっていても続かないのはなぜでしょうか? それは「楽しくない」からです。 続けるコツは「少しずつ習慣化する」こと。 毎日のダイアリー、そして、あなた1人では挫折しそうなとき、 セラピストがちゃんと見守ってくれているので、安心です。 ダイアリーには、このように丁寧にセラピストがアドバイスをコメントします。
【セラピストについて】
セラピストは全員英国アーユルヴェーダカレッジの全カリキュラム(510時間) を修了しています。 アーユルヴェーダの知識、マッサージ技術はもちろん、解剖生理学や栄養学、 心理学まで幅広い知識がありますので、 安心して、気になる生活やからだの状態を相談いただけます。
(注)受講者の方々の体質・体調等を考慮し、カリキュラムを変更する場合がありますので、 あらかじめご了承ください。

【挫折しないカリキュラムの秘密】

あふれる美容健康法に振り回されていませんか

体質は人それぞれ。あなた以外の人にとって良いと言われる美容法、健康法があなたにも合うとは限りません。体質の見極め方がわかることで、世の中にあふれる美容健康法の情報から、 あなたに合ったものを選ぶことができるようになります。

何をやっても続かないのはなぜ?

運動、早起き、野菜中心の食事。体に良いとわかっていても継続できないのには必ず理由があります。本コースは、豊富な知識を持つ石井校長とセラピスト達があなたの生活に合わせて、 体質改善にいい習慣を取り入れられるように、アドバイスします。 あなた一人では挫折しそうな時は、あなたの生活に合わせたポイントをアドバイスすることで、 無理なく続けられるようにお手伝いをします。

 

開講日 ⓵12月15日(木) 開講、⓶1月29日(日)開講
期間 3ヶ月間
定員 8名(最低実施人数4名)
授業時間 ⓵木曜、⓶日曜 
受講料 170,000-(税込) *入学金、材料費を含みます。
特典 ★石井泉著『思いが変われば運命が変わる』をプレゼント!
お問合せ TEL 0120-556-186
メールお問合せ info@ayurvedacollege.jp

 

>>トップページ
>>講座一覧
>>受講生の声


 

✔ アーユルヴェーダをしっかり学びたい方へ
✔ セラピストとして必要な知識と技術を最短で身につけたい方へ
✔ 開業に至るまでの手順や必要な手続き、集客方法など、実践的な知識を身につけたい方へ

 

私たちは、「アーユルヴェーダを学ぶこと」だけを目的としていません。 あなた自身とご家族、仕事として係わるお客様まで、 「大切な人の健康をサポート」したいとお考えの方のために、 知識と技術、実践力を最短で身につけるカリキュラムを提供しています。

お客様ご相談窓口のご案内 TEL 0120-556-186
当スクールでは、アーユルヴェーダの学習にご興味のある方からのお問い合わせを歓迎しております。 ご不明な点は、どうぞお気軽にお電話ください。

個別無料説明会

「直接、説明を聞きたい」「卒業後の具体的をイメージを描きたい」という方は、 ぜひ石井校長の個別無料説明会にいらしてください。 カリキュラムの詳細やキャリアプランなど、あなたのご質問にすべてお答えします。
>>個別無料説明会の詳細
>>お申込みフォーム

資料請求

当スクールでは、無料のスクール案内をご用意しています。コース、カリキュラム、料金、 さらに、「アーユルヴェーダとは」「アーユルヴェーダマッサージ」など、詳しく説明していますので、ぜひお読みください。
>>資料請求フォーム

メルマガ「脳暦だより」登録

アーユルヴェーダの小話やスクール最新情報をお届けいたします。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)