関 充子さん

The College of Ayurveda

TOP > 体験談 > 関 充子さん

アーユルヴェーダに出会ったきっかけを教えてください。

関

20年あまり正社員として働いておりましたが、2009年に会社都合で退職しました。突然のことだったので、安定した収入がなくなる不安や社会から取り残された焦燥感にさいなまれ、それまでは考えたこともなかった価値観、人生観、死生観がその時に生まれました。

退職後ある書籍に出会い、その中で初めてアーユルヴェーダという言葉を知り興味を持ち、自分なりに調べてみました。すると、アーユルヴェーダは、世界の成り立ちなどの哲学的な部分や医学の理論を含んでいることを知り、ますます興味を抱いて勉強してみたいと思ったのです。

アーユルヴェーダのどのようなところに惹かれましたか?

世界最古の医学体系であるアーユルヴェーダでは、精神・魂(我)・身体の三つが一体となったものが人間(生命体)であると定義されていて、人々の幸せと健康に生きるための方法(ディナチャルヤ)を伝えています。

健康的で幸せな毎日を送るためには、個々の体質を知り、体質にあった生活(食事、睡眠、運動)をすることが大切だとされています。つまり、他の人にとって良い結果が出たことでも、自分にとっても良い結果が出るとは限らないのです。私がアーユルヴェーダに惹かれたのは、このような考え方がベースにあるところです。

カレッジを選んだきっかけはどのようなところにありましたか? また、総合プロコースで学んで良かったことも教えてください。

まず、カレッジを選んだきっかけは、一年間で理論と実技の両方を学ぶことができるというカリキュラムが非常に魅力的だったことです。アクセスが良いのも通いやすいポイントのひとつですね。授業が小人数制でじっくり取り組めるところや、解剖生理学、栄養学などが全般的に学ぶことができる点にも注目しました。

そして、山田先生を始めとする日本人の先生方に加え、アーユルヴェーダ医師であるパーリタ先生が基礎理論を教えてくださるということが、なによりも大きな決め手となりました。

通常パーリタ先生はロンドンにお住まいなので、理論の講義はインターネットを通じて行われました。先生は日本語が堪能なので非常にわかりやすく教えていただけて、更に2か月に一度は来日されて、直接理論と実技を教わることもできました。アーユルヴェーダ医師の中で実技を教える方はあまり多くいらっしゃらないそうで、臨床の場で患者さんに自らオイルトリートメントで治療をされるパーリタ先生から学ぶことができたのは幸運だったと思います。

山田先生からは、自分の生活習慣を日記につけることを教わりました。例えば、3ヶ月間に渡って起床時間、過ごし方、感じたこと、目標などを書きとめることで、自分の生活習慣を客観視できるようになりました。口にした物や天候とリンクして体調や感情が変化することも初めて気づき、アーユルヴェーダとは生活の中に活かすものだということを実感できたのは大きな収穫でしたね。

どのスクールも学費は安いものではないので、スクール選びはかなり慎重になりましたが、こちらに決めて本当に良かったです。

総合プロコース卒業後、セラピスト生活を送るご自身にどのような変化を感じていますか?

オイルのセルフマッサージを日々実践することで免疫力が高まり、体調がとても良くなり風邪をひきにくくなりました。私は元々体調を崩すことはあまりないのですが、そんな私でも日常的に白湯を飲むこと等も含めアーユルヴェーダの生活習慣を心がけることで、生活の質が格段に良くなっていることを実感しています。 アーユルヴェーダは、生活習慣そのものです。一時的な流行りではなく、生活の中で実践することで確実に心と体に変化をもたらすことができるのを実感しています。

現在独立開業していらっしゃいますね。

部屋

カレッジを卒業した直後、2011年9月から同期4人で表参道に部屋を借りて初めてのサロン営業を開始しました。4人とも右も左もわからない状態だったため、すぐに山田先生に相談したところ、物件情報をくださいました。 ただ、営業を始めてはみたものの、どのように集客したらいいのかわかりませんし、情報の出し方もわからないという状態。この時も山田先生が手とり足とりフォローしてくださったので、大変ありがたく助かりました。

表参道で2年間営業した後にアヴィヤンガを学びたくて、パーリタ先生の故郷であるスリランカへ学びに行きました。アーユルヴェーダといえばオイルまみれになるアヴィヤンガというマッサージを想像される方が多いかと思うのですが、実は色々な手技があるのです。カレッジではまず、タイラヴィマルダナという基本の手技を学んだので、次のステップとして本場で習いたくなり、思い切って行ってまいりました。総合プロコースを受けた後に現地で研修を受ける人があまりいないので、是非次のステップとして、受けていただきたいと思いますね。

2013年10月より現在のサロンで営業を始め、地元や多摩地域のお客様と密に交流できる幸せを感じています。オーナーとして自ら考えてインターネットなどで発信することで、お客様が目をとめ、サロンに足を運んでいただき、笑顔で喜んでお帰りいただく。そんな毎日にやりがいと感謝の気持ちでいっぱいです。

アーユルヴェーダを日々の生活に活かすこと

総合プロコースでは、アーユルヴェーダの理論と技術のみならず、日々の生活の中にアーユルヴェーダを密着させることを教わりました。なにも「アーユルヴェーダだけ!」というマニアックなものだけではなくて、一般庶民の私たちでも実践できることがあるのですよね。

マッサージを受けることで、体にたまったアーマ(病気や老化を引き起こす毒素の一種)を排出させることができます。けれども、毎日マッサージを受けることはできませんよね。毎日の暮らしの中で、少しずつ継続的にアーユルヴェーダのエッセンスを取り入れることで、生活の質が格段に上がることを実感しています。サロンのお客様だけでなく家庭や社会でがんばる全ての方たちが毎日を楽しく穏やかに過ごせるように、この素晴らしい医学を私なりにわかりやすく伝えていきたいと思っています。

アーユルヴェーダ専門店 ”ルナーシャ Runasa”
HP http://www.ayurveda-runasa.jp/
住所 神奈川県相模原市中央区相模原2-2-19 エイコーマンション3階 302号室
アクセス JR横浜線 相模原駅南口 徒歩1分
ご予約・お問い合わせ 電話:090-9646-1921、メール:runasa.ayur@gmail.com

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

>>受講生の声 ページ一覧

>>総合プロコースカリキュラム詳細

>>個別無料説明会

メルマガ「脳暦だより」登録

アーユルヴェーダの小話やスクール最新情報をお届けいたします。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)

  • 説明会・セミナーお申込
  • 資料請求
  • お問い合わせ

0120-556-186 受付時間 10:00-18:00 (月・金定休)

0120-556-186 受付時間 10:00-18:00 (月・金定休)