木村 早苗さん

The College of Ayurveda

TOP > 体験談 > 木村 早苗さん

アーユルヴェーダに出会ったきっかけを教えてください。

1443501781834

心と体の不調を抱えていたことがきっかけでアーユルヴェーダに出会いました。

結婚してからというものホルモンバランスが激しく乱れ始め、毎回ひどいPMSがありました。生理の2週間前からボンヤリしはじめ、ようやく生理が終わったと思ったらまたPMSというように、一か月のうちほとんどが不調でした。また、太っていることで常に体が重たく、不快感を抱えていました。

私はもともと金融業界で働いていたのですが、結婚した夫は転勤族です。つまり、自分自身のキャリアを積みたくてもそうできない環境であること、また、欲しいと思っていた時期に子どもを授からなかったことがメンタル面で大きく影響していました。退職して、社会との繋がりが断絶されてしまったように感じて、将来に対する不安感に押しつぶされそうでした。

何とかこの状況を抜け出そうと思い、様々なトレーニングをしたり、ダイエットにチャレンジしました。メンタル面については、色々な占いやカウンセリングを受けました。占いやカウンセリングを受けると、その時は一瞬心が軽くなったように感じられても、結局根本的なところが解決されないまま日々が過ぎていきます。ある日、もしかしたら自分で自分のことを知ることでこの不調を改善できるのでは・・・?との考えに至り、ネットで検索したところ、カレッジの1dayセミナーを見つけたのです。

この1dayセミナーで体質診断を受け、自分の体質と気質を知り、さらに自分で自分を整えることができるということを知りました。アーユルヴェーダこそ私が探し求めていたものだ!と確信して、すぐに3か月の体質改善コースに通う決心をしました。

カレッジを選んだきっかけはどのようなところにありましたか?

3か月の体質改善コースに通っている間、山田校長のカウンセリングやトリートメントを受け、痩せることができました。また、月経サイクルが整いPMSの症状も緩和されたのも嬉しい変化でした。体が整うのと同時に心も整ってきて、以前のような不安感がかなり薄れてきたことを実感しました。オイルトリートメントを受け、ディナチャルヤを通して、『自分自身を大切にする』ことの意味が理解できたのです。この体験から、もっともっとアーユルヴェーダのことを知りたくなりました。

また、3か月コースでの山田校長の話を聞く中で、これまで社会との繋がりを持てずにいた私にとって、アーユルヴェーダこそが社会と繋がるための手段であると気づかせてくれたことも、カレッジを選んだ理由の一つです。

このように、1dayセミナーから始まり3か月コースと、私にとっては他のスクールを検討する余地がなかったのですが、心に響いた理由はまだあります。それは、山田校長が私と同じ金融業界で働いていたこと、異業種から飛び込んで現在大成功されていること、そんな山田先生から経営のことを教わるチャンスがあることが大きなポイントとなりました。さらに、日本の事情に精通しているパーリタ先生から直接学ぶことができるのも、他のスクールとの違いです。

総合プロコースで学んで良かったことは何でしょう?

20150929_113757

山田先生やパーリタ先生のみならず、外部から様々な先生たちがやってきて授業を受けられることでしょうか。皆さん残らずご自身の仕事が大好きで誇りを持っていて、当たり前ですが知識は一流です。このような方々と一年間という短い期間に濃密な時間を過ごせたことは、今後の私にとっての宝物となっています。

山田先生からは、アーユルヴェーダだけでなく、特に心理学を学べたことが良かったです。お持ちの知識を私たちに惜しみなく提供してくださるその姿にも感銘を受けましたし、数ある心理学の中から『セラピストにとって必要なもの』を抜粋して教えてくださいました。この辺りも、さすが本物のプロだなと感動しました。まったく知らない業界でこれからやっていく私たちにとって、取捨選択して教えてくださったことで、情報に惑わされない姿勢を身に着けることもできました。

パーリタ先生はもともと富山で生活していたこともあり、日本の事情をよくご存知です。アーユルヴェーダはもともとインドやスリランカのもので、日本の生活習慣にそぐわないものも多くあります。例えば日本では入手しづらいハーブやスパイスも沢山あるのです。この部分についても、パーリタ先生からは私たち日本人が日本で実践できる方法を教わることができました。

実は卒業してから、外部の短い講義を受けに行くチャンスが幾度かありまして、その都度、パーリタ先生から教わってよかったと思っています。もし初心者の頃の私がパーリタ先生以外の現地講師から教わったら、アーユルヴェーダを日本で実践するのは難しいと思ってしまっただろうからです。卒業して改めて、パーリタ先生の授業が貴重なものであることを知らされました。

「アーユルヴェーダは海のように広くて深い」というパーリタ先生の言葉通り、どんな生活習慣でも実践することは可能で、一生涯学んでいけるものであることを知りました。

今、そしてこの先もアーユルヴェーダを活かすために

IMG_6298-1-650x487

アーユルヴェーダを実践することで、心と体の消化力を保てるようになりました。やりたいことが明確になり、どんな時でも自分にOKを出せるようになりました。自分がOKなら他人もOK。特に家族に対する付き合い方が大きく変化したことが嬉しいです。

2015年9月から、自宅でサロン『SAMANA』を始めています。実は在学中はトリートメントを仕事にするつもりはなかったのです。どちらかというと、アーユルヴェーダの理論や実践方法、卒業後に学び始めたインド占星術でサロンをやっていこうと思っていました。でも、得た知識を学びながらアウトプットしているクラスメイトの姿に触れ、インプットだけじゃなくアウトプットすることで成長が促されるのでは?と感じるようになりました。せっかく山田先生とパーリタ先生からマルをもらっている技術を生かさない手はない、なにかできることから始めてみようと思うようになり、サロンを持つ決心をしました。

私は転勤族の夫を持つため、いつ東京を離れるかわかりませんし、いつも自分のサロンをもてる環境で生活できるわけではありません。サロン運営をしていく上で現在の生活環境に不安がないといえば嘘になりますが、この事実は私にとってメリットであると捉えています。なぜなら、日本ではまだ知名度の低いアーユルヴェーダを、いろいろな土地で伝えるチャンスが用意されているからです。また、他業種で仕事をする方の心身の不調を理解・共感しながらセラピストとして活動できるのは、わたしの強みだと思います。

『心と体の消化セラピー』をテーマに、アーユルヴェーダとインド占星術などを通じて、多くの方が『自分らしく生きること』『自分を楽しめること』のお手伝いができれば幸いです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

>>受講生の声 ページ一覧

>>総合プロコースカリキュラム詳細

>>個別無料説明会

メルマガ「脳暦だより」登録

アーユルヴェーダの小話やスクール最新情報をお届けいたします。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)

  • 説明会・セミナーお申込
  • 資料請求
  • お問い合わせ

0120-556-186 受付時間 10:00-18:00 (月・金定休)

0120-556-186 受付時間 10:00-18:00 (月・金定休)