美肌

The College of Ayurveda

TOP > アーユルヴェーダで健康になる > 美肌

手足がかさかさで肌がぴりぴりする。 粉をふいてしまって、かゆみが出る。 ファンデーションがのらない。

 

乾燥は美容の大敵です!

皮膚の潤いを取り戻すには、新しい皮膚細胞を作ることと、細胞を健康に保つことが大切です。

 

新しい細胞を作るには、その材料となる食べ物をきちんと摂りましょう。

 

皮膚細胞のもと【たんぱく質】

★おすすめ食材★  肉 魚 卵 豆類

 

代謝を促し、新しい皮膚細胞をつくるサポートをする【パントテン酸】

★おすすめ食材★  レバー 納豆 サケ イワシ

 

皮膚形成と深い関わりがあり、不足すると肌が乾燥する【ビタミンA】

★おすすめ食材★  レバー 小松菜 人参

 

肌の張りを保つための【ビタミンC】

★おすすめ食材★  緑黄色野菜 果物

 

血流を良くし、健康な皮膚を保つための【ビタミンE】

★おすすめ食材★  ごま アーモンド かぼちゃ アボカド

 

 

そして、アーユルヴェーダといえば、オイルマッサージ! オイルを肌にすり込んで、外からも乾燥対策をしましょう。 水分をしっかり入れた後、油分で膜を作れば、しっとり肌を保つことができます。

 

さらにセサミオイルは、ビタミンEが豊富です。 血流を良くしてくれるので、血色もよくなります。 身体にも顔にも使えますし、ヘッドマッサージもOKなので、髪の毛の乾燥にもおすすめです。

⇒セサミオイルの詳しい効能はこちら!

 

乾燥は【ワータ】の性質です。 特に冬はワータの季節なので、乾燥も出やすいですね。

⇒ワータの性質についての詳細はこちら!

乾燥対策は身体の中からと外から、Wのアプローチが一番。 しっとり美肌対策を始めましょう!!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

>>アーユルヴェーダで健康になる  ページ一覧

>>トップページ

  • 説明会・セミナーお申込
  • 資料請求
  • お問い合わせ

0120-556-186 受付時間 10:00-18:00 (月・金定休)

0120-556-186 受付時間 10:00-18:00 (月・金定休)

メルマガ「脳暦だより」登録

アーユルヴェーダの小話やスクール最新情報をお届けいたします。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)