肩こり

The College of Ayurveda

TOP > アーユルヴェーダで健康になる > 肩こり

肩が重い、痛い… 首まわりが張る…

 

現代、もっとも多くの人が抱える悩みの1つが肩こりではないでしょうか。 不自然な姿勢を長く続けたり、精神的ストレスがあると、起こりやすくなります。

 

肩こりは、肩の筋肉が緊張して、血液の流れが悪くなり、ビタミンの補給がうまくいかなくなって、筋肉がこわばった状態です。

 

ですから、上記の理由に合わせて、冷えや運動不足によっても起こります。 冬になって寒くなれば、外を歩くときなど、自然と肩をすくめてこわばった姿勢になりがちです。こんなところにも原因があるかもしれません。

 

肩こりを解消するには、まずは首・肩周りを動かしたり、温めたりして、血行を良くすることが一番です。

 

身体を芯から温めるには、半身浴がおすすめです。 一度肩まで浸かって、温まった後は、じっくり半身浴をし、体中の血液をめぐらせましょう。 首や肩の周辺で滞っていた血液も、流れ出します。 蒸しタオルを首にかけて、温める方法も良いですね。

 

仕事中であれば、こまめにストレッチをしたり、正しい姿勢を心がけるなど、少しでも、身体に負担がかからないように工夫をしましょう。

 

痛みを感じることは、アーユルヴェーダでは【ワータ】ドーシャが司ります。

⇒ワータって何?という方はこちら

 

ワータ鎮静には、オイルマッサージが最適です。 特に、身体を温める効果のあるセサミオイルでマッサージをすれば、気持ちよく凝りをほぐしながら、滞りを循環させることができます!

⇒マッサージの効果とセサミオイルについて

 

肩こりを少しでも予防し、改善するために、以下の食材も積極的に取り入れてみましょう。

 

食べ物を燃焼させてエネルギーに変え、老廃物を代謝させる【ビタミンB】

★おすすめ食材★ 胚芽米 全粒粉パン レバー 牛乳

 

末梢血管を拡張させる【カリウム】

★おすすめ食材★ 柿 アボカド トマト さつまいも

 

血液の流れを良くする【ビタミンE】

★おすすめ食材★ ごま アーモンド かぼちゃ アボカド

 

ひどい肩こりは、頭痛を伴うこともあります。 一日、肩の痛みと頭痛に悩まされていたら、仕事もプライベートも台無しです…

 

少しずつでも、予防策や対策を取り入れて、ケアをしましょう。

 

整体やハリなども良いですが、お風呂・蒸しタオル、食事など、日常生活で無理なく続けられることで、自分に合った方法を見つけられるといいですね。

 

セサミオイルでのマッサージもおすすめですよ。 お風呂の前やお風呂あがりなどに、10分程度のマッサージをぜひお試し下さい!

 

 

>>アーユルヴェーダで健康になる  ページ一覧

>>トップページ

  • 説明会・セミナーお申込
  • 資料請求
  • お問い合わせ

0120-556-186 受付時間 10:00-18:00 (月・金定休)

0120-556-186 受付時間 10:00-18:00 (月・金定休)

メルマガ「脳暦だより」登録

アーユルヴェーダの小話やスクール最新情報をお届けいたします。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)