TOP > 特集 > 【カリキュラム徹底解剖】オイル~マッサージ理論~

英国アーユルヴェーダカレッジの様々な授業をご紹介します。

アーユルヴェーダ基本理論 アーユルヴェーダマッサージ理論 オイル~マッサージ理論~
アーユルヴェーダ研究成果 ディナチャルヤ 解剖生理学
応用栄養学 コンサルテーション ヨーガ実技

 

【カリキュラム徹底解剖】オイル~マッサージ理論~

アーユルヴェーダオイルを知る

セラピストコースも終盤に差し掛かるころ、 「アーユルヴェーダマッサージ理論」という科目の中で、 「オイル」に関する講義があります。

IMG_1859

アーユルヴェーダセラピストとなるためには オイルの知識は欠かせません。 トリートメントをする際にも、クライアントのお話をよく聴いて その方に最適と思われるオイルを提案します。

何を求めていらっしゃるのか どうなりたいのか お肌の状態はどうなのか 睡眠は十分なのか 体調はどうなのか

セラピストは、お話しを伺いながら そんなことを頭の中で全速力で考えています。

総合プロコースのカリキュラムでは、 セラピストコースが終わって、上級セラピストコースに進むと、 実践型の授業が待っています。

それは、クラスメイトをクライアントに見立て、 その方がどういう思いで今ここにいらっしゃるかを考えながら 自分でオイルを選んでトリートメントを行う、という授業です。

この時までにオイルの知識がないと練習になりませんので、 セラピストコースでのオイルの授業はとても重要です。

どんな種類のオイルがあって、 どんな性質があって、 どんな症状によくて、 どんなことを予防してくれて、 どんな人に向いていて、 どんなドーシャに影響があるのか、

といったことについて約40種類のオイルひとつひとつを丁寧に見ていきます。

講義の中では、アーユルヴェーダオイルの作り方も教えてもらうのですが ハーブの効果を余すことなくオイルに抽出するこのオイルの製法を知ると より一層、アーユルヴェーダオイルの威力を実感することができます。

一晩中を火を消すことなく何日もかけてつくられるオイルは、 かつては村をあげての大仕事。出来上がったときには、お祭りをしたそうです!

アーユルヴェーダのオイルは、長い歴史を感じる重厚な香りです。

代表的なアーユルヴェーダオイル

アーユルヴェーダオイルの中から、 代表的なオイルをアーユルヴェーダ総合情報サイトで一部紹介しています。ぜひご覧ください!

ナーラーヤナタイラ

シッダールタタイラ

アシュワガンダタイラ

トリパラータイラ

アーユルヴェーダの知恵がつまったアーユルヴェーダ総合情報サイトはこちら

アーユルヴェーダ総合情報サイト「アーユルケア」

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

>>カレッジの日常 ページ一覧

>>個別無料説明会はこちら

>>アーユルヴェーダ入門セミナーはこちら

>>総合プロコース詳細はこちら

 
  • 説明会・セミナーお申込
  • 資料請求
  • お問い合わせ

0120-556-186 受付時間 10:00-18:00 (月・金定休)

0120-556-186 受付時間 10:00-18:00 (月・金定休)

メルマガ「脳暦だより」登録

アーユルヴェーダの小話やスクール最新情報をお届けいたします。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)