TOP > 特集 > 【カリキュラム徹底解剖】解剖生理学

英国アーユルヴェーダカレッジの様々な授業をご紹介します。

アーユルヴェーダ基本理論 アーユルヴェーダマッサージ理論 オイル~マッサージ理論~
アーユルヴェーダ研究成果 ディナチャルヤ 解剖生理学
応用栄養学 コンサルテーション ヨーガ実技

 

【カリキュラム徹底解剖】解剖生理学

解剖生理の授業が、楽しい!

体質を診断したり、オイルトリートメントをするにあたって、からだの状態を知るには、身体の構造と働きを理解しておく必要があります。 学生の頃に保健体育で習った人体の構造、皆さんは覚えていらっしゃいますか?複雑で苦手だったなと思った皆さん!ご安心ください。当カレッジでは、そんなイメージの解剖生理学を実際に私たちが日々体験する身体の症状と照らし合わせながら、面白いエピソードを交えて授業を行いますので、楽しく覚えられるのです。

 

アーユルヴェーダと現代医学を合わせて学ぶ必要性

カリキュラムでは、細胞と組織、血液、呼吸器系、循環器系、消化器系などの仕組みと働きや、脳・脊髄の構造と働き、神経系や感覚器、骨や筋肉の仕組みなどを20コマ(30時間)の授業を通じて学びます。

たとえば、皆さんはワータ・ピッタ・カパはもうご存知でしょうか。これら3つのエネルギーはそれぞれ、色々な身体の器官を動かしています。

■ワータ→大腸・腰・耳・骨 など

■ピッタ→胃・小腸・血液・目 など

■カパ→胸・関節・鼻・舌・脂肪 など

胃と小腸と大腸、どれくらいの大きさで、からだのどの辺りにあるか、分かりますか?では、肺は?肝臓は?各臓器の働きは?? ワータ・ピッタ・カパのエネルギーがどこでどのように働いているかを知らなければ、アーユルヴェーダは語れません。

 

解剖

 

生理トラブルの解消など、毎日の生活にも役立つ知識

それでも、たくさんある名前や部位も、自分の変えたいところや不調な部分をアーユルヴェーダの3つのエネルギーと照らし合わせながらみれば、不思議とつながって見えてくるのです。 からだの不調について診ていく場合に、症状を観察し、器官や臓器の問題を知る手がかりとして、解剖生理学はかならず必要になってくる知識です。さらにオイルトリートメント実技の授業では、直接からだを触って確かめるので、より一層理解が深まります。人を癒そうと思ったら、まず人を知らなければいけません。解剖生理学は、実はアーユルヴェーダを身につける上では、根幹となる重要な科目なのです。

 

そして、なんといっても人のからだ。生理トラブルに悩む女性にとって、生殖器系や神経系を深く理解すると日々の体調管理にはとっても役立ちます。

 

難しそう、苦手かも…と思った方にこそ、英国アーユルヴェーダカレッジの解剖生理学は、ぜひおすすめしたい授業です。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

>>アーユルヴェーダ総合プロコース

 

アーユルヴェーダを共に学びましょう

私たちは、「アーユルヴェーダを学ぶこと」だけが目的の他のスクールと違い、 アーユルヴェーダというツールを最大限に活用して、 参加者自身の人生をチューニングするために、 深く係わることによって変化をもたらし、 いきいき元気に、そして幸せにすることを目的としています。

 

もし、ご自身やまわりの方々にもっと深く係わりたい、 人の役に立ちたいと感じるようでしたら、 日本人1億人セラピスト計画の一員として、 まずは自分自身のセラピストになってみませんか?

  ご興味をお持ちいただけましたら、 ぜひ、私の「個別無料説明会」にいらしてください。

 

皆様にお会いできることを楽しみにしております。

校長 石井 泉

  • 説明会・セミナーお申込
  • 資料請求
  • お問い合わせ

0120-556-186 受付時間 10:00-18:00 (月・金定休)

0120-556-186 受付時間 10:00-18:00 (月・金定休)

メルマガ「脳暦だより」登録

アーユルヴェーダの小話やスクール最新情報をお届けいたします。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)