一億人セラピスト計画

The College of Ayurveda

TOP > 一億人セラピスト計画 > 一億人セラピスト計画

このページを読んでくださっている皆様へ

セラピストとは「人を健康で幸福に導く人」と当スクールでは考えます。 どうしたらいいセラピストになれるのか、また、そもそもセラピストとはどういった仕事なのか、 そのためには、どんな学びが必要なのかをお話いたします。

 

日本人1億人セラピスト計画 にご参加ください。

11073321_800122916731778_1462262281497862648_n

今の日本に一番必要なものは、真のセラピストです。真のセラピストとは、目の前の人をただ「癒す」だけの人ではありません。マッサージのテクニックをつかって、繁盛店をつくりだすことでもありません。もし、それらをみたしていても、自分が健康で幸福にみたされた状態になっていなければ、家族を大切にしていなければ、第三者を「癒す」ことはむずかしいでしょう。

また、これからの時代には「癒し」では十分ではありません。 癒しの次に必要なのは「自立」。 自分自身が健康で幸福にみたされた「自立」した状態で、はじめて、第三者を癒すことができます。また、第三者を自立へと導くことができます。

人を健康で幸福な状態に導くセラピストになるためには、 観察力、問題解決力、目標達成力をそなえていなければなりません。それらを身につけ、自分はじめ、すべての人に優しく丁寧に向き合っていける方たち、そして、テクニックも磨いて、常に研鑽している方たちを、当スクールでは、真のセラピストと考えています。

想像してください。もし、日本人1億人が真のセラピストになったとしたら。セラピストマインドを持つ精神性の高い人たちで、この日本が満ち溢れたとしたら。どんな素晴らしい国になっていることでしょう! ぜひ、あなたもその一員として、アーユルヴェーダを学び、 セラピストマインドを一緒に日本中に広めていきませんか!

 

もしも、日本人1億人がセラピストになったとしたら?

もしも、日本人1億人がセラピストになったとしたら? どんな日本になるのか、どんな社会になるのだろう?

現在の日本では、多くの人が生きにくさを感じています。うつなどの神経疾患で苦しみ人々は年々増加傾向にあります。また、少子高齢化が進む社会では、身体の問題を抱えながら、一人でひっそり暮らすご老人の孤独死も社会問題となっています。

一方で、頻発におこる各地の自然災害により、各地で、とても悲しく辛い現実がつきつけられています。これらの状況は、なにか本質的な意図、メッセージのようなものがあるような気がしてなりません。 みなさん、それぞれ、おかれている立場や環境でどのような見方もできると思います。これらの課題は全て、これから日本人が、どのように舵をとるか試されているのです。

それは、もう一度、心身ともに自然と調和した生き方を行う、本来の人の姿に甦ることができるかもしれないと私は感じています。「すべてのものに魂が宿る」「森羅万象すべてに心やさしく接する」 そんなあり方に立ち戻ることが最初の一歩かもしれません。

 

そもそもセラピストとは?

当スクールでは、一瞬の癒しや外面的な美しさを 与えるだけではなく、 悩みや問題を抱える人に寄り添い、解決を手助けするのが 真のセラピストのあり方だと考えています。 問題を解決するためには、原因を探っていくことが、 セラピーの第一歩です。 そして症状を緩和するために、オイルマッサージをほどこし、 またカウンセリングによって、食事や睡眠などの生活習慣やストレスを かかえるような考え方の癖に気づかせ、問題を根本的に解決していくことをクライアントさんと一緒にめざします。

<アーユルヴェーダ・セラピストの4段階>

・自分自身のセラピストになる

・家族のセラピストになる

・自分に関わるすべての人のセラピストになる

・自然(すべての生命)や環境(光・水・空気・土)にも優しい心遣いがもてるセラピストになる

 

アーユルヴェーダが求められるのには理由があります

アーユルヴェーダには大きく3つの特徴があります。 まず1つ目は「生命は肉体と感覚器官、精神(思考)と魂(心)が結合して、 影響しあってできている」と定義しています。精神とは頭をつかって思考し判断すること、 魂とは私たちの喜びや悲しみなどの本質的な感情や記憶です。 アーユルヴェーダは、この4つすべて、身体と感覚器官、精神、魂の全体に働きかける方法です。この全体に働きかける正しい生活方法をおくれば、 病気の人のみならず、健康な人も、自らの管理者として、健康を拡大することができると言っています。

2つ目は「体質を知るということ」。 自分の体質を知ることは、自分の弱点を知ること、不調を予測することができるのです。

3つ目は「症状の原因をとりのぞくということ」 。 世の中には、多くの対処療法的な健康法が存在していますが、 アーユルヴェーダでは症状の原因は生活習慣にあり、不調を取り除くには、生活習慣の根本的な見直しが必要であると教えます。

例えば、多くのマッサージ療法は、痛みの症状を緩和するのが目的ですが、アーユルヴェーダでは、痛みの原因となる生活習慣を改善することも、重要なセラピーのひとつなのです。病気や不調を予測し、原因を自ら取り除く方法を教える アーユルヴェーダは、まさしく現代人に必要な予防医学の体系です。

 

いま、私が、ここに生きる

最後に私がアーユルヴェーダの広くて深い教えの中で、 より多くの人に知っていただきたい価値観は、 「いま、私が、ここに生きる」ことの意味と大切さです。

私たちは、日々の生活の大部分を過去への後悔や未来への不安、そして、誰か他者のことで頭がいっぱいになってしまいます。 ヨーガや呼吸法、瞑想、マッサージなどは一般にも広まってきましたが、 実はこれらは、「いま、私が、ここに生きる」ことに 意識を集中する練習方法でもあるのです。

 

アーユルヴェーダ生活で得るもの

アーユルヴェーダの生活をおくることでいきいき元気に、そして幸せになれます。人生の役割や意味を見出し、真剣に取り組んでいられる状態、人や自然に優しくなれる状態になれます。 そのような状態になれるのは、人が生まれながらにしてもっている 人生の意味に気づきやすくなるからです。 いろいろな要因で見えなくなっている本質的な自分を、心身を純粋にして、自我をしずめることで思い出すことができるのです。 アーユルヴェーダもヨーガもそのチューニング方法の一つです。

 

私どもの願いは

sky1-200x300

私は、英国アーユルヴェーダカレッジの校長として、この偉大なるアーユルヴェーダの知恵を、現代に生きる人々に具体的に役立つように、カリキュラムを作っています。 それには、現代医学や心理学を含めた、生命科学をさまざまな観点から取り入れ、日本の医療や文化に適合させています。心身のメカニズムを少しでも知って、 そしてそれを意識して生活することで、 環境の変化にも動かされない、ゆるぎない自分を手に入れてほしいと思います。 実はそれが幸福の基盤なのです。

そして、皆様がそのような知識をもって、自分だけでなく、社会の中で悩み苦しむ人々に寄り添い、励まし、癒し、 その人たちが自分自身を見つけるお手伝いができるセラピストとして、多くの人に役立ち、活躍していただきたいと願っています。 そうすることが、私がこれまで学び経験したことを、 あなたと一緒に社会に還元することと思っています。 アーユルヴェーダは、 5000年にわたって歴史の断層をいくつも乗り越えてきた生命科学です。 ぜひアーユルヴェーダの洞察に富む生命観を学び、力強く生き抜いていきましょう。

皆様にお会いできることを楽しみにしております。

英国アーユルヴェーダカレッジ 校長 山田 泉

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

◆アーユルヴェーダ入門セミナー

◆山田 泉の個別無料説明会

メルマガ「脳暦だより」登録

アーユルヴェーダの小話やスクール最新情報をお届けいたします。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)