TOP > アーユルヴェーダ108の生き方ヒント > 【アーユルヴェーダの生き方ヒント16:6つの味の食べ物】

みなさん、こんにちは。 みなさんは、普段どんな食事を心がけていますか?

しっかり栄養バランスのとれた食事を心がているかたもいらっしゃれば、忙しくてそれどころではないという方もいらっしゃるでしょう。

私も、忙しいとついつい甘いものを食べすぎたり、自分の好きな食べ物ばかり食べたりしてしまいます。

  アーユルヴェーダでは食べ物についてどのように考えられているのでしょうか。

「正しい食べ物をとることが人間を健康に発展させる 唯一の方法です。また、正しくない食べ物を取ることが病気の原因です。」

  これは、アーユルヴェーダの古典『チャラカ・サンヒター』の中で書かれている言葉です。 食べ物が私たちの体の中に入ると、まずは消化され微細な栄養素として吸収されます。それが生きていく上でのエネルギーになります。そして、日々入れ替わっている細胞をつくる働きもし、健康を維持してくれます。 一方で、うまく消化されないと未消化物を残し、病気の原因にもなります。

そして、心への影響もあると、アーユルヴェーダは指摘しています。まさに医食同源なのです。

では、どのようにして「正しい食べ物」を取ればいいのでしょうか。 栄養士でもない限り栄養素を全て覚えて料理をしている人は少ないのではないでしょうか。

アーユルヴェーダでは6つの味覚に注目しています。 甘味・酸味・塩味・辛味・苦味・渋味です。

みなさんの中には甘いものが好きだったり、辛いものが好きだという方もいるでしょう。 どうしてもしょっぱいものが食べたいという人も多いと思います。

実は体質別に好きになる味も変わってきます。 好きな味をとることは、ほどほどであれば問題ないのですが、 そのドーシャ(エネルギー)が増大しバランスを崩してしまいます。 よって、アーユルヴェーダでは、この6つの味がバランスよく取れていることが大事と言われています。

  この6つの味の中で、みなさんが普段あまり食べないものはどれでしょうか? 具体的な食材を上げてみましたので考えてみてください。

甘味:米、小麦、牛乳、砂糖、オオムギ、ココナッツ、果実、ジャガイモ 酸味:酢、梅干、チーズ、ヨーグルト、発酵食品、柑橘類 塩味:漬物、醤油、塩、昆布、塩漬けした魚、チーズ 辛味:ショウガ、コショウ、ニンニク、わさび、トウガラシ、香辛料 苦味:緑黄色野菜、ニガウリ、ターメリック 渋味:豆類、渋柿、緑茶、ジャガイモ

いかがでしたか?

普段食べている食事に、「普段自分があまり食べない味の食べ物」を追加してみましょう。 おそらく嫌いなものがあるかもしれませんね。でも味覚のバランスをとることで、心身ともに豊かになることでしょう。

ぜひためしてみてください。

次回からは体調を崩したとき、体質別にどのようにしたらいいかをお伝えしようと思います。

  ~具体的なヒント16:普段食べない味の食べ物をたべる。~

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

アーユルヴェーダを取り入れた108の生き方ヒント

 

石井校長著書「思いが変われば運命が変わる」の内容を刷新して お届けしていきます。どうぞ関心のトピックから読み進めてください。

 

書籍のお求めはこちら>

 

 

>>アーユルヴェーダを取り入れた108の生き方ヒント ページ一覧


✔ アーユルヴェーダをしっかり学びたい方へ

✔ セラピストとして必要な知識と技術を最短で身につけたい方へ

✔ 開業に至るまでの手順や必要な手続き、集客方法など、実践的な知識を身につけたい方へ

私たちは、「アーユルヴェーダを学ぶこと」だけを目的としていません。あなた自身とご家族、仕事として係わるお客様まで、「大切な人の健康をサポート」したいとお考えの方のために、知識と技術、実践力を最短で身につけるカリキュラムを提供しています。ぜひ、下記のページを最後までお読みください。

>>当スクールの7つの特徴

お客様ご相談窓口のご案内TEL 0120-556-186

当スクールでは、アーユルヴェーダの学習にご興味のある方からのお問い合わせを歓迎しております。 ご不明な点は、どうぞお気軽にお電話ください。

個別無料説明会

「直接、説明を聞きたい」「卒業後の具体的をイメージを描きたい」という方は、 ぜひ石井校長の個別無料説明会にいらしてください。 カリキュラムの詳細やキャリアプランなど、あなたのご質問にすべてお答えします。

>>個別無料説明会の詳細

>>お申込みフォーム

アーユルヴェーダ入門セミナー

どんな入門書を読むよりも、アーユルヴェーダの基礎が理解できるおすすめのセミナーです。 あなたの体質・気質を判定し、それに応じた、セルフケア法もお伝えします。

>>入門セミナーの詳細

>>お申込みフォーム

資料請求

当スクールでは、無料のスクール案内をご用意しています。コース、カリキュラム、料金、 さらに、「アーユルヴェーダとは」「アーユルヴェーダセラピストとは」「コミュニケーション力」 「アーユルヴェーダマッサージ」など、詳しく説明していますので、ぜひお読みください。

>>資料請求フォーム

  • 説明会・セミナーお申込
  • 資料請求
  • お問い合わせ

0120-556-186 受付時間 10:00-18:00 (月・金定休)

0120-556-186 受付時間 10:00-18:00 (月・金定休)

メルマガ「脳暦だより」登録

アーユルヴェーダの小話やスクール最新情報をお届けいたします。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)