TOP > アーユルヴェーダ108の生き方ヒント > 【アーユルヴェーダの生き方ヒント53:ヨガ~睡眠のために~】

みなさん、こんにちは。

前回と前々回のヒントで 朝と昼のヨガをご紹介しました。 今回は、夜のヨガをお伝えしましょう。 このヨガはワータを鎮静して、 カパを生かして安眠に誘うヨガです。

  夜は心を落ち着かせ、ゆったりした時間を 過ごすことで睡眠に向かっていきます。 そのためには、副交感神経(リラックスの神経)を優位にさせることが大事なのです。

夜にお勧めのヨガが下記の4つです。

  ①脇を開くポーズ:手を組んで頭の後ろで頭を支えます。息を吐きながら、右わきを伸ばして、 左側に体を倒していきます。息を吸った後反対側も同様に行います。

②うさぎのポーズ:正座から上体を前に下ろし、額を床につけます。両手でかかとを支えます。 背中はウサギのように丸くしていきます。首筋、背中、腰が伸びるのを感じます。

③ガス抜きのポーズ:両手で膝を抱え、気持ちよくポーズを保ってみます。背中や腰を十分に伸ばします。

④背中立ちのポーズ:両足を伸ばして寝ます。その後、両足を床から90度まで上げてます。 このポーズのまま3分くらい保ちます。

  全てのヨガは難しいかもしれませんが、できそうなもの1つ、2つ選んでみて行ってみてください。 このヨガとヒント37でお勧めしているものを何か一つ選んでセットにすると、 よりよい睡眠への一歩となるでしょう。

ぜひ試してみてくださいね。

あなたの心と体が豊かでありますように。

  ~具体的なヒント53:夜寝る前にヨガを行ってみる~

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

アーユルヴェーダを取り入れた108の生き方ヒント

 

石井校長著書「思いが変われば運命が変わる」の内容を刷新して お届けしていきます。どうぞ関心のトピックから読み進めてください。

 

書籍のお求めはこちら>

 

 

>>アーユルヴェーダを取り入れた108の生き方ヒント ページ一覧


✔ アーユルヴェーダをしっかり学びたい方へ

✔ セラピストとして必要な知識と技術を最短で身につけたい方へ

✔ 開業に至るまでの手順や必要な手続き、集客方法など、実践的な知識を身につけたい方へ

私たちは、「アーユルヴェーダを学ぶこと」だけを目的としていません。あなた自身とご家族、仕事として係わるお客様まで、「大切な人の健康をサポート」したいとお考えの方のために、知識と技術、実践力を最短で身につけるカリキュラムを提供しています。ぜひ、下記のページを最後までお読みください。

>>当スクールの7つの特徴

お客様ご相談窓口のご案内TEL 0120-556-186

当スクールでは、アーユルヴェーダの学習にご興味のある方からのお問い合わせを歓迎しております。 ご不明な点は、どうぞお気軽にお電話ください。

個別無料説明会

「直接、説明を聞きたい」「卒業後の具体的をイメージを描きたい」という方は、 ぜひ石井校長の個別無料説明会にいらしてください。 カリキュラムの詳細やキャリアプランなど、あなたのご質問にすべてお答えします。

>>個別無料説明会の詳細

>>お申込みフォーム

アーユルヴェーダ入門セミナー

どんな入門書を読むよりも、アーユルヴェーダの基礎が理解できるおすすめのセミナーです。 あなたの体質・気質を判定し、それに応じた、セルフケア法もお伝えします。

>>入門セミナーの詳細

>>お申込みフォーム

資料請求

当スクールでは、無料のスクール案内をご用意しています。コース、カリキュラム、料金、 さらに、「アーユルヴェーダとは」「アーユルヴェーダセラピストとは」「コミュニケーション力」 「アーユルヴェーダマッサージ」など、詳しく説明していますので、ぜひお読みください。

>>資料請求フォーム

  • 説明会・セミナーお申込
  • 資料請求
  • お問い合わせ

0120-556-186 受付時間 10:00-18:00 (月・金定休)

0120-556-186 受付時間 10:00-18:00 (月・金定休)

メルマガ「脳暦だより」登録

アーユルヴェーダの小話やスクール最新情報をお届けいたします。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)