TOP > アーユルヴェーダ108の生き方ヒント > 【アーユルヴェーダの生き方ヒント103:原因と結果の法則】

みなさん、こんにちは。 今回は7つの生命法則の一つ、 原因と結果の法則についてです。

 

ウパニシャッド哲学の「カルマの法則」 に由来します。 カルマとは、行為とその結果のことです。 この瞬間に起こるすべてのことは 過去に行った選択の結果であることをいいます。

子どもの頃、 「悪いことをしたら悪いことが返ってくるし、 良いことをしたら良いことが返ってくるんだよ」 と言われた方も多いでしょう。 インドに限らず、この返ってくるという発想は世界共通なのかもしれません。   この法則の気をつけるべきところは、 たとえば、Aさんに対して行った行動に対して、Aさんから返ってくるわけではないということです。 Aさんにいいことをしたから、Aさんからなにかしてもらえる Aさんを傷つけてしまったから、Aさんから仕返しされる そういう単純なことではないのです。 たとえば、無意識に学歴で人を判断している人がいるとします。 自分でも気付かずに、学歴で人に対する評価を変え、態度も変えていたとします。 すると、人生のとても重要なところで、 自分の学歴によって、そのチャンスを逃してしまうというような事態に直面するのです。 人に対して、していたことが返ってくるのです。 そのような、無意識で持っている価値観によってひき起こっている自分の行動の積み重ねが、 時期が来たときに返ってくるのが、原因と結果の法則です。

 

  逆にみると、 信じられないような不幸があったときは、 自分のなかのどんな価値観やどんな行動基準が、この不幸を招いたのか気づく大チャンス ともいえるのです。 渦中にいるときは、そんな見方はできないかもしれません。 しかし、不幸の嵐が少しおさまったとき、そんなふうに考えてみてください。 新たな自分へ変容するチャンスです。   また、習慣で、毎日誰かに感謝を言葉を心から伝えている人がいるとします。 自分でも気付かずに、「ありがとう」の一言が誰かの心を救っているとします。 すると、知らず知らずのうちに仕事が成功し、感謝されることが多くなるのです。 人に対して、していたことが返ってくるのです。

ただし、このときは、まさか当たり前のようにしていることが、 成功の要因なんて誰も気づかないかもしれません。 成功者の多くが感謝することの重要性を話しているのを聴くと、 おそらくまさに真理と思うのです。   このように、この法則は、間違いなく機能しているのですが、それはいつやってくるかわかりません。 毎日ちょっとずつ起こるいやなことも、ちょっとずつ起こる素敵なことも、 すべてこの法則に基づいてます。 そのいやなこと、素敵なことから、あなたのどんな価値観や行動がそれを導いたのか、考えてみませんか。 そのためには、まず自分がどんなことにいやと感じているか、 素敵と感じるか、感覚を取り戻すことから始まります。 自分の感覚に意識を向けて、心の動きを観察しましょう。

 

~アーユルヴェーダの具体的な生き方ヒント103:自分の心の動きに敏感になる。~

 

 

 

アーユルヴェーダを取り入れた108の生き方ヒント

 

山田泉著書「思いが変われば運命が変わる」の内容を刷新して お届けしていきます。どうぞ関心のトピックから読み進めてください。

 

書籍のお求めはこちら>

 

 

>>アーユルヴェーダ入門セミナー

>>山田泉の個別無料説明会

>>アーユルヴェーダを取り入れた108の生き方ヒント ページ一覧

  • 説明会・セミナーお申込
  • 資料請求
  • お問い合わせ

0120-556-186 受付時間 10:00-18:00 (月・金定休)

0120-556-186 受付時間 10:00-18:00 (月・金定休)

メルマガ「脳暦だより」登録

アーユルヴェーダの小話やスクール最新情報をお届けいたします。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)