TOP > アーユルヴェーダ108の生き方ヒント > 【アーユルヴェーダの生き方ヒント8:3つの生命エネルギー】

hint8 energyアーユルヴェーダで信じられている 3つの生命エネルギーについてお伝えしたいと 思います。

アーユルヴェーダでは、この3つのエネルギーが人の心や体を動かしていると考えています。 サンスクリット語でドーシャと言います。

  その3つのエネルギーとは、これまでのヒントにも少しずつ登場していましたが、 ワータ・ピッタ・カパというエネルギーです。

日本語ではないので、戸惑う方もいらっしゃるでしょう。

簡単にお伝えすると、ワータは運動のエネルギー、ピッタは消化や変換のエネルギー、そして、カパは結合のエネルギーです。

  そして、私たちの体質はこの3つのエネルギーのバランスの違いによって決定しているのです。 アーユルヴェーダでは体質をとても重要視しています。 人はその人の体質で一番多くもっているエネルギーの影響を一番受けやすく、そのエネルギーが増えた状態の病気になりやすいため、自分の体質がどのエネルギーの性質をもっているのかを知るだけで、体調の予測も可能となるのです。 それぞれの体質は下記のとおりです。みなさんはどれに当てはまりそうですか?

  ワータ体質の人は、体型がスリムで骨ばっています。身長は極端に低いか、逆に高いかのどちらかの傾向があります。乾燥肌で皮膚も薄く、冷たいのが特徴です。食も細く、大量に食べられません。 頭痛・腰痛・循環器系の疾患、神経系の疾患、大腸疾患などにかかりやすく、注意が必要です。

ピッタ体質の人は、中肉中背で、筋肉質で、バランスのとれた体型をしています。肌は赤みがかっていてツヤがあります。汗っかきで体臭や口臭が強くなることもあります。白髪が多いのも特徴です。 食欲は旺盛ですが、あまり太りません。冷たい飲み物を好みます。肝疾患、胃潰瘍、皮膚疾患、アルコール依存症などにかかりやすいので、注意が必要です。

カパ体質の人は、がっちりしていて、骨太な大柄です。太りやすく、脂性肌ですが色白で滑らかな綺麗な肌をしています。髪は太く、量も豊かです。アレルギー性鼻炎、気管支炎、ぜんそく、肥満、糖尿病などにかかりやすく、注意が必要です。

  いかがでしたか? なんとなくこれかな~という体質はあるかもしれませんね。 英国アーユルヴェーダカレッジのHP内で体質診断ができるページがあります。こちらです。

正確には、複合タイプの方が多く7種類(詳細はこちらページの下のほうです。)に分けられるのですが、最初は一番強いエネルギーを知っておくだけでも、自分の体調を知るヒントになると思います。 ぜひチェックをしてみてください。

7種類のどの体質に自分が当てはまるか知りたいという方は、入門セミナーにぜひお越しください。 入門セミナー詳細、お申込みはこちらです。

  また、この3つのエネルギーは体質だけでなく性格やメンタルの状態にも影響しているのですが、それは次回お伝えしようと思います。

体質を知って、健康な体の一歩を踏み出しましょう。 みなさんの心と体が豊かでありますように。

  ~具体的な生き方ヒント8 自分の体質を知る ~

 

 

 

アーユルヴェーダを取り入れた108の生き方ヒント

 

山田泉著書「思いが変われば運命が変わる」の内容を刷新して お届けしていきます。どうぞ関心のトピックから読み進めてください。

 

書籍のお求めはこちら>

 

 

>>アーユルヴェーダ入門セミナー

>>山田泉の個別無料説明会

>>アーユルヴェーダを取り入れた108の生き方ヒント ページ一覧

  • 説明会・セミナーお申込
  • 資料請求
  • お問い合わせ

0120-556-186 受付時間 10:00-18:00 (月・金定休)

0120-556-186 受付時間 10:00-18:00 (月・金定休)

メルマガ「脳暦だより」登録

アーユルヴェーダの小話やスクール最新情報をお届けいたします。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)