TOP > アーユルヴェーダ108の生き方ヒント > 【アーユルヴェーダの生き方ヒント2:今この瞬間の自分】

f2bdd14ff7486d9392b9ab7427caf5e1_s

今日のテーマは「今この瞬間の自分」です。

一体どういう意味でしょうか?

実は私たちのこころは、「今この瞬間」に存在していることは少ないのです。今後どうなってしまうんだろうという未来の不安、 あんなことしなければよかったという過去への後悔、こうなったらいいなあと未来の希望を描いたり、過去はあんなによかったのにと過去の栄光に執着したり、こころが常に過去か未来に埋められてしまっているのです。こころが休まる状態とはいえないのではないでしょうか。

さまざまな心理学が指摘していることですが、「今この瞬間」にいるとき、人はさまざまな不安から解き放たれていると考えられています。未来や過去に心を奪われるのは、時間という概念を認識できるようになった人間だけの特性です。未来を思い悩むライオンはいません。過去を後悔するカブトムシもいないでしょう。私たち人間にとって、今この瞬間に意識を向け続けることはとても難しいのですが、これはほんの数分でもその状態になる時間があるだけで、こころの余裕となり、体の健康にもつながると、アーユルヴェーダでは考えられています。 アーユルヴェーダにあるヨーガや瞑想・呼吸法などはすべてこの「今この瞬間の自分」に意識を向けることなのです。

詳しくは体質別・症状別の様々な方法があるのですが、簡単な一つをお伝えしましょう。

「自分の呼吸に意識をむけて瞑想をする」

ということです。呼吸とは今まさにこの瞬間あなたの体の中で起こっていることです。つまり「今この瞬間の自分」なのです。 目を瞑り、リラックスした態勢で、自分の呼吸に意識を向けます。最初は浅い呼吸に気づくかもしれません。早い呼吸かもしれません。 吸って吐いてを繰り返す呼吸に意識を向けていくと、おのずと思考が止まっていくでしょう。

この「今この瞬間の自分」に意識を向けていく時間が1日1分でも増えることで、 みなさんの心に余裕が出てくることに気づくと思います。ぜひ実践してみてください。

 

~アーユルヴェーダの具体的なヒント2 自分の呼吸に意識をむけて瞑想する~

 

 

アーユルヴェーダを取り入れた108の生き方ヒント

 

山田泉著書「思いが変われば運命が変わる」の内容を刷新して お届けしていきます。どうぞ関心のトピックから読み進めてください。

 

書籍のお求めはこちら>

 

 

>>アーユルヴェーダ入門セミナー

>>山田泉の個別無料説明会

>>アーユルヴェーダを取り入れた108の生き方ヒント ページ一覧

  • 説明会・セミナーお申込
  • 資料請求
  • お問い合わせ

0120-556-186 受付時間 10:00-18:00 (月・金定休)

0120-556-186 受付時間 10:00-18:00 (月・金定休)

メルマガ「脳暦だより」登録

アーユルヴェーダの小話やスクール最新情報をお届けいたします。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)