TOP > アーユルヴェーダで美しくなる > クリシュナ・グルジさんとの対談

 アーユルヴェーダ医師パーリタ・セラシンハ先生と今年4月に新潟県にオープンしたばかりの YOGASPA YogayuHを訪問しました。

代表の鈴木麻衣さんとパートナーのクリシュナ・グルジさんにYOGASPAのコンセプトや今後の展望についてお聞きしました。

 

ヨーガやアーユルヴェーダを楽しむパーフェクトな空間

山田:

まずこちらの施設に一歩足を踏み入れて感じたのは、天井の高い木造の建物そのものが、エネルギーに満ちていて、 ただここにいるだけで癒される、そんな感覚を得ることができました。YOGASPAのコンセプトを教えてください。

 

木さん:

YOGASPAは、ヨーガ、アーユルヴェーダ、ベジタリアンフードを提供して、 日常生活の過ごし方のアドバイスを行い、お客様の健康と生活をトータルでサポートして、身体も心もバランスのとれた状態に改善するお手伝いをしています。 初心者からインストラクターを目指す方々まで、幅広くヨーガを楽しんでいただいています。 また、カウンセリングによって、個人個人にあったトリートメントをさせていただき、根本からの体質改善とストレスリリーフを行うアーユルヴェーダ、そしてベジタリアンフードを食べることで体の中からも体質改善をサポートします。

山田:

ここに来る前に日本海の夕陽を見ることができましたが、すばらしい環境ですね。

鈴木さん:

緑が豊かで潮風が心地いい自然豊かで静かな場所は自慢の一つなんです。日頃の喧騒を忘れて、心も身体も癒されながら、真の健康を手に入れ、身体も心もバランスのとれた「本当の自分」に戻っていただけるよう導きます。

 

心と精神と身体を統合するヨーガをめざす

 パーリタ先生:

日本でもヨーガがブームになっていますが、何か私の印象では、体操にとどまっているように感じます。グルジさんは、インド出身で長年ヨーガの修行をされていらっしゃるので、正真正銘のヨーガを教えていらっしゃると思いますが、YOGASPAでは、どんなヨーガが学べますか?

クリシュナ・グルジさん:

私たちのめざすのは、インテグラルヨーガです。 人間には、心と頭と身体がありますね。欲望のままに物を所有したいと思ったり、思考、推理したります。時には感情がまさり、また時には理性が支配します。

なので、人間は、心(感情)、頭(知性)そして手(活動)をバランスよく、発達させる必要があるのです。 そして、個人個人でそれを成し遂げる必要があります。インテグラルヨーガは、このように、心(感情)、頭(知性)、手(活動)を発達させて、完璧な状態へと導きます。

パーリタ先生:

先ほどパンフレットを拝見して、感動したのは、こちらのスタジオでは、身体を動かすポーズ(アーサナ)だけでなく、バクティーヨーガやギャーナヨーガ、カルマヨーガのワークショップも開催されていることです。こんなところも、グルジさんが運営に参加されているスタジオならではなのでしょう。

 

グルジさん:

アーサナによって、身体を制御することから、心を制御するというアプローチはとても有効ですが、インテグラルヨーガの目的どおり、心や頭も同時に発達させる必要があります。

 

神はどこか遠くの存在ではなく、全てのものの中に、人間の中に、自分の中にいるというヴェーダーンタ哲学の教えを身体から、そして、心と頭を使って、皆さんに学んでいただきます。

ギャーナヨーガでは、自己の真実とは何か、宇宙の真実とは何かというような哲学的なテーマを徹底的に議論します。論理を尽くすことによって、論理を超えて、真理に近づこうとするのがギャーナヨーガと言えるでしょう。

バクティーヨーガは、身体の中にある私たちの思考や感情など全てを、神やグルに捧げることを目標としています。具体的には、神々の名前を口にしたり、キルタンという神々を讃える歌いながらヨーガを行ないます。つまり心も頭も神に没頭することによって、神と合一することを目指すのです。一見宗教儀式のように見えますが、一瞬でも自我を滅した状態を体感できるはずです。

カルマヨーガとは、行動のヨーガです。良い行動行為をします。その行動の結果に対する期待や誰かの評価、見返りなどに執着しない、ひたすら、無私になって、奉仕精神を持って行います。

 

ヨーガとアーユルヴェーダのコンビネーション

 山田:

ヨーガだけでなく、アーユルヴェーダも合わせて実践できるのですから、このような恵まれたヨーガ施設は日本ではまだ少ないと思います。

グルジさん:

YOGAとアーユルヴェーダを合わせておこなうことで、より健康的な肉体を手に入れ、ヨーガ効果の持続感を体感できます。YOGA SPAのアーユルヴェーダは、カウンセリングから始まるパーソナルな治療と癒しを提供し、単に身体を癒すだけでなく、生活や食事、さらにセルフマッサージの指導もさせていただきますので、自分でも自分を癒せるようにサポートします。 アーユルヴェーダでは、オイルマッサージは体の細胞を若返らせることができるものだと考えられています。 そして、オイルマッサージを規則正しく行うことが健康の鍵であるとも考えられています。

しかし、オイルは一人ひとりの体質や季節などを考慮して正確に選ばなければ効果を出すことはできません。 YOGASPAでは、アーユルヴェーダの専門知識を持ったセラピストが一人ひとりにあうオイルを選び、トリートメントさせていただきます。

 山田: 当カレッジの卒業生の福田直美さんもセラピストの一人として、トリートメントにあたっていますね。

鈴木さん: 福田さんはヨガインストラクターのコースを受講されていました。元々新体操の選手でいらした経験からしっかりとした身体をお持ちです。そして、新潟から東京にある御校まで1年間通学して、セラピストの資格を取られて、YOGASPA の立ち上げから参加していただいているのでとても頼もしいです。 (写真)左から 山崎さん(施設担当)、鈴木さん、福田さん、パーリタ先生

山田:

ぜひ私も体験してみたいのは、ダイエットコースです。先ほど、廊下に貼ってあったモニターの方の写真を拝見してびっくりしました。3月で20kg減量に成功したそうですね。

鈴木さん:

一日8時間スパに滞在して、ヨギックマッサージから、ダイエットトリートメント、シロダーラ、サウナ、生活指導、食事指導、さらにベジタリアンの食事2回がセットされているメニューです。ヨーガの個人指導や浜辺の散歩も含まれていますので、心や精神にもリラックスできるので、ダイエット効果が高まりますよ。

山田:

ここは東京からでも新幹線で2時間ですので、リトリートのつもりで、一週間位ゆっくり滞在して、4~5日続けてこのコースを受けたら、体重の減少だけでなく、体の中の老廃物(アーマ)も取り除けそうな気がします。明日のトリートメントがとても楽しみです。

山田:

YOGASPA YogayuHは、本格的なヨーガとアーユルヴェーダのコンビネーション施設として、注目をされていますが、これから活動や展望などを教えていただけますか。

鈴木さん:

私はヨーガを本格的に学びはじめて5年になります。日々実践しているベジタリアンフードやハーブライフのおかげで、自分自身がとても健康になりました。ヨーガ・アーユルヴェーダ・ベジタリアンフードなどの自然療法で、より多くの人に健康な体と心を手に入れていただきたいという強い思いから、ヨーガをメインとした健康促進をサポートする総合施設を設立する決心をしました。 縁あって、緑が豊かで、潮風が心地いい、好条件の場所を見つけられたのも、自分が心から必要性を感じたからだと思います。 YOGASPAは、すべての人の健康と幸せの為にあります。

グルジさん: 私はインド出身で、32年間インドでヨーガ修行し、近年は日本に長期滞在しています。ヨーガは平和に生きる為の技でもあると思います。日本は世界でも類をみない平和な国と思います。その日本を拠点に、ヨーガを通して、これからの地球の平和のあり方を発信していきたいと思います。 主に、パタンジャリアシュタンガヨーガとハタヨーガを基本として、アーユルヴェーダの知識をとりいれて、皆様の心と身体を快適に導きます。

YOGA SPA yogayuH 新潟県新潟市中央区水道町1丁目5939-37 SEA WEST3

TEL: 025-201-7092

EMAIL:info@yoganiigata.jp

アクセス:

【バス】JR新潟駅から新潟交通 「水族館線(新潟駅前~万代シテイバスセンター前~古町~青陵大学~水族館)」 所要時間20分 料金200円

 

山田感想) こんな恵まれた施設は、東京でもなかなかみつかりません。新潟とさらに周辺地域のお住まいの皆様はとても幸運だと思います。YOGASPA YogayuHでは、ヨガやアーユルヴェーダをまずは体験したいという方はもちろん、哲学もしっかり学び、将来的はインストラクターをめざす方もぜひ一度訪れてほしいと思います。 鈴木さんとグルジさん、やさしくでも、しっかりと指導していただけると思います。さらに、福田さんの優しい人柄と包容力のある手、温かいアーユルヴェーダのオイルマッサージで身体の中から健康になってほしいと思います。

  • 説明会・セミナーお申込
  • 資料請求
  • お問い合わせ

0120-556-186 受付時間 10:00-18:00 (月・金定休)

0120-556-186 受付時間 10:00-18:00 (月・金定休)

メルマガ「脳暦だより」登録

アーユルヴェーダの小話やスクール最新情報をお届けいたします。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)