新型コロナウイルス感染予防ガイドライン

TOP > セミナー・説明会 > サンスクリット語修得コース(第2期)

サンスクリット語は仏教とともに6世紀に日本に伝わりました。アーユルヴェーダもヨーガもその原典はサンスクリット語で書かれています。サンスクリット語の基本を習得することで、原典の奥深さをさらに追究する基礎づくりをするコースです。


2ケ月で読解に必要な文法を集中的に学び、その後仏教の経典を教材に学びを深めていきます。現在予定しているのは、大乗仏教における六種の修行(=六波羅蜜)、 菩薩が涅槃に至るための六つの徳目。 布施・持戒・忍辱・精進・禅定・智慧に関する原典を予定しています。


コースは1年間を予定していますが、第2期4ケ月間12回の日程は以下のとおり確定しています。


9月3日、10日、17日


10月1日、8日、15日


11月5日、12日、19日、26日


12月10日、17日

講座詳細

日程 2020年9月3日(木)開講、第2期4ケ月全12回

19:00~20:30
定員 10名
講師 斎藤直樹
受講料 60,000円(税込)
メールでお問合せ info@ayurvedacollege.jp
ネットでお申込み

【講師プロフィール】

齋藤直樹

早稲田大学、慶應義塾大学 講師
早稲田大学大学院東洋哲学専攻博士課程満期退学。マールブルク大学外国語文献学領域にてPh.D.取得。著書『Das Kompendium der moralischen Vollkommenheiten』、論文「ダルマの自性」「転変としての世界」「ナーガールジュナの馬」等がある。