TOP > スタッフブログ > 【カレッジの授業風景~上馬場和夫先生の授業~】

みなさん、こんにちは。 今回ご紹介する授業は上馬場 和夫先生の授業です。 みなさん、上馬場先生はご存知でしょうか? 上馬場 和夫先生は、日本のアーユルヴェーダ界ではとても有名な方で、 帝京平成大学教授、日本アーユルヴェーダ学会の理事など務められています。 アーユルヴェーダに関する書籍もたくさん出版されています。 いくつかご紹介しましょう。 『アーユルヴェーダ入門』(発行者地球丸)は、 アーユルヴェーダの考え方や日常での取り入れ方を詳しくわかりやすく書かれていて、 カレッジでも必ず一度は読む本として推奨されています。 また、『アーユルヴェーダカフェ』(発行者地球丸)という本では、 スパイスやギーの話、食材のドーシャへの影響、 料理のレシピなどをわかりやすく写真入りで掲載しています。 アーユルヴェーダの医食同源を実践できる本といえるでしょう。                  ↓↓この本です↓↓ このようにご活躍されている上馬場先生が、 カレッジでもうかれこれ10年間、毎年特別に授業をしてくださいます。 お忙しい上馬場先生は授業をできる日が限られるため、 丸1日使っての講義となります。 そして、現在通学中の生徒さん全員が集まって先生の授業を聞くので、 普段顔を合わせることのないメンバーが揃い、にぎやかな雰囲気になります。 前世の記憶の話や、 どうして性同一性障害の人が存在するのか、 癌などの病気にどのように対応するか、 生理の症状に対するアーユルヴェーダの考え方、 風邪・冷え性へのアーユルヴェーダの対処方法 などなど、1日では足りないほどの量の知識を教えてくれます。 驚くこともいくつかあり、 「傷口は消毒しない方がいい」ということは、 アーユルヴェーダでは当たり前だったそうです。 それが最近ようやく現代医学でも証明され、 水で洗って傷口を乾燥させないように覆うということが一般的になりつつあります。 このようにアーユルヴェーダが伝えていることと、 現代医学で最近明らかになったことが同じということはいくつかあるようで、 生徒さんたちにとってもアーユルヴェーダを学ぶ意義が より深まった授業にだったのではないかと思っています。 そんな上馬場先生は60歳を過ぎても若々しく、 授業中に何度も入る生徒さんの質問にも、 ぽんぽんと間髪入れずに答えてくださいます。 授業のあとも生徒さんに囲まれて大人気でした!                  ↓↓先生の本を購入した生徒さん↓↓                                  ↓↓みんな揃って集合写真↓↓                 あなたも英国アーユルヴェーダカレッジでアーユルヴェーダを学びませんか?? 現在、総合プロコースの第28期、第29期を募集しています。 英国アーユルヴェーダカレッジ 事務局
このエントリーをはてなブックマークに追加
    >>カレッジの日常 ページ一覧


  お客様ご相談窓口のご案内 TEL 0120-556-186 当スクールでは、アーユルヴェーダの学習にご興味のある方からのお問い合わせを歓迎しております。 ご不明な点は、どうぞお気軽にお電話ください。

アーユルヴェーダ入門セミナー

どんな入門書を読むよりも、アーユルヴェーダの基礎が理解できるおすすめのセミナーです。 あなたの体質・気質を判定し、それに応じた、セルフケア法もお伝えします。 >>入門セミナーの詳細 >>お申込みフォーム
  • 説明会・セミナーお申込
  • 資料請求
  • お問い合わせ

0120-556-186 受付時間 10:00-18:00 (月・金定休)

0120-556-186 受付時間 10:00-18:00 (月・金定休)

メルマガ「脳暦だより」登録

アーユルヴェーダの小話やスクール最新情報をお届けいたします。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)