TOP > スタッフブログ > 【カレッジ授業風景~総合プロコース第25期フェイシャルマッサージ実技~】

みなさん、こんにちは。   今回は、総合プロコース第25期のフェイシャルマッサージの授業にお邪魔しました。 フェイシャルマッサージそのものは、 アーユルヴェーダのマッサージの中には含まれていないのですが、 フェイシャルの要望が多く、当カレッジの学長パーリタ・セラシンハが考案した アーユルヴェーディックフェイシャルマッサージを授業に取り入れています。 フェイシャルマッサージというと、 エステティックのマッサージで美容目的と思われがちですが、 アーユルヴェーダの「顔部分のマッサージ」は、 美容目的とあわせて、深いリラクゼーション効果があります。 顔には、5感のツボが多くそれを丁寧に刺激していくからです。   フェイシャルは、クレンジングとマッサージに分けられますが、 クレンジングだけでも覚えることや気を使うことがたくさんあります。 特に目の周りは力の入れ具合が弱いとメイクが取れない。 けれど強すぎると痛くなってしまったりとても繊細な箇所です。                ↓↓丁寧な作業が続きます↓↓   サービスを受けている人とコミュニケーションをとりながら、 作業の確認を講師にしてもらいながら慎重に進みます。 顎先については首がとても近いので 講師からも受けている人からも 「もう少し優しく!!」 の声が飛びます。                ↓↓「もう少し優しくして」と言われてます↓↓   力を入れ過ぎると首が締まってしまうのですが、 施術側はどれくらい力を入れて大丈夫なのかの判断が、慣れるまでは難しいのです。 講師から 「浮かせるような気持ちで優しく触れてください」 と指導を受け、 「こんなに軽くでいいんだ!」 と力の確認をしていきます。                     ↓↓指導中↓↓   この後はホットタオルでの拭き取りです。 これも手順や力の入れ具合など、見た目よりも難しいようで、 生徒さんは四苦八苦です。           ↓↓「もう一度教えてください」とお願いして真剣に聞く生徒さん↓↓   クレンジングが終わったあとは、マッサージへ移ります。               ↓↓講師の説明を受けながら手順確認中↓↓ 午前中だけでこれだけの実技を学んで覚えていくのは本当に大変なことですが、 わからないことをどんどん聞いて確認していく姿は、スタッフから見てもとても心強いです。 年内に卒業をひかえている第25期。 あともう少し、セラピスト目指して頑張っていきましょう! 英国アーユルヴェーダカレッジ 事務局
このエントリーをはてなブックマークに追加
    >>カレッジの日常 ページ一覧


  お客様ご相談窓口のご案内 TEL 0120-556-186 当スクールでは、アーユルヴェーダの学習にご興味のある方からのお問い合わせを歓迎しております。 ご不明な点は、どうぞお気軽にお電話ください。

アーユルヴェーダ入門セミナー

どんな入門書を読むよりも、アーユルヴェーダの基礎が理解できるおすすめのセミナーです。 あなたの体質・気質を判定し、それに応じた、セルフケア法もお伝えします。 >>入門セミナーの詳細 >>お申込みフォーム
  • 説明会・セミナーお申込
  • 資料請求
  • お問い合わせ

0120-556-186 受付時間 10:00-18:00 (月・金定休)

0120-556-186 受付時間 10:00-18:00 (月・金定休)

メルマガ「脳暦だより」登録

アーユルヴェーダの小話やスクール最新情報をお届けいたします。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)