TOP > スタッフブログ > 【カレッジの日常~スリランカ研修Ⅶ~】

みなさん、こんにちは。 今回は、英国アーユルヴェーダカレッジが 1年に1度行っているスリランカ研修の様子です。 当カレッジは名前に「英国」がつくので、 英国式のアーユルヴェーダ?と思われる方も いらっしゃいますが、 もともとスリランカ人のドクターが英国で立ち上げた The College of Ayurveda (UK) と提携している 日本校という意味です。 というわけで、英国式ではなく、 本場スリランカのアーユルヴェーダをお伝えしています。   年に一度、学びを深めるために当カレッジの学長である パーリタ・セラシンハ先生引率の元、 本場のスリランカのアーユルヴェーダや習慣・文化を学ぶための研修を行っています。   本場のプージャ(伝統的な礼拝儀式)を体験、実際のハーブ園でたくさんのハーブを直に見て、 スリー・マハー菩提樹の下で瞑想もしました。 宝石店で治療にも使われる宝石をながめたり、その間に世界遺産3ケ所の観光もしています。 象の孤児院にも行きましたし、シギリアロックの観光もできました。 本当にもりだくさんで内容の濃い1週間を皆さん、心から楽しんできました。   シギリアロックに描かれている女性の壁画は シギリアレディと言われ、当時の王につかえていた貴族の女性やそのお付きの人の絵と言われています。 もともと500体もあったその絵は現在風化のため18体となっています。 一説には、仏教僧たちが、この地で修行していた時に 裸体の女性の壁画が瞑想の集中のじゃまになるため、 削って消してしまったとも言われています。 みなさんもスリランカに行った際は是非行ってみてください。   カレーを右手で食べる体験もしました。コツが必要だそうで、すっかり気持ちは地元の人です。

     右手でカレーを食べました!

  生徒さんにとってはアーユルヴェーダの本場スリランカの習慣・文化を肌で学ぶ 貴重な時間となったはずです。 これからもアーユルヴェーダの学びを深めて、素敵なセラピストになってもらいたいと思っています。 この研修が生徒さん・卒業生の学びに大いに役に立っていることでしょう。

         最後にホテルで記念撮影しました

英国アーユルヴェーダカレッジ 事務局
このエントリーをはてなブックマークに追加
    >>カレッジの日常 ページ一覧


  お客様ご相談窓口のご案内 TEL 0120-556-186 当スクールでは、アーユルヴェーダの学習にご興味のある方からのお問い合わせを歓迎しております。 ご不明な点は、どうぞお気軽にお電話ください。

アーユルヴェーダ入門セミナー

どんな入門書を読むよりも、アーユルヴェーダの基礎が理解できるおすすめのセミナーです。 あなたの体質・気質を判定し、それに応じた、セルフケア法もお伝えします。 >>入門セミナーの詳細 >>お申込みフォーム
  • 説明会・セミナーお申込
  • 資料請求
  • お問い合わせ

0120-556-186 受付時間 10:00-18:00 (月・金定休)

0120-556-186 受付時間 10:00-18:00 (月・金定休)

メルマガ「脳暦だより」登録

アーユルヴェーダの小話やスクール最新情報をお届けいたします。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)