TOP > スタッフブログ > 【カレッジの授業風景~総合プロコース第28期アーユルヴェーダ基本理論 QOL発表②】

みなさん、こんにちは。 今回は、総合プロコース第28期のアーユルヴェーダ 基本理論QOL(生活の質)発表の続きです。 QOLは、実はWHO(世界保健機関)でも定義づけ されていて、発表でも多く引用されていました。     ・WHO の定義 Health is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity. (健康とは、病気でないとか、虚弱ということではなく、 肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいいます。) 最近ではここにsipiritual(魂、宗教上のなどの意味がある)を追加する案が提案されているそうです。 ただ健康であることだけが、QOL(生活の質)ではないという内容は、 アーユルヴェーダの考えともとても近いものがあります。   さて、このQOL発表の授業。 90分の授業内では発表が収まらず、次のマッサージ基本理論の授業を再来週へ延期して 引き続き授業が行われました。

発表中の生徒さんと聞き入る生徒さん

心に響いた書籍 『求めない』(加島祥造 著)を引用して、心の在り方について発表する生徒さん。 フランスの生物学者であるルネ・デュボスが述べている言葉を紹介して WHOがQOLの定義に追加しようとしているspiritualについて考えを述べる生徒さん。 様々な発表が続きました。 そして、発表中に、パーリタ先生へ投げかけをする生徒さんも。 「先生、ピンピンコロリ、PPKってご存知ですか?」 「もう一つ、ねんねんころり、NNKはご存知ですか?」と。 みなさんもご存知でしょうか? 亡くなる直前まで元気で生きていることをPPK(ピンピンコロリ)と呼び、 病気になったりして寝たきりなどになって亡くなることをNNK(ねんねんころり)と呼ぶのだそうです。 健康のまま生涯を過ごそうという健康長寿プロジェクトなどで、よく掲げられているようで、 ピンピンコロリが多い県としては長野県が有名なんだとか。 日本は世界でも長寿で有名な国ですが、 どうせ長く生きられるなら、ピンピンコロリを目指したいですよね。 この生徒さんは、アーユルヴェーダでもよく言われる医食同源という言葉を出して、 五感に響く食事というのを提案していました。 味や健康にいいのはもちろんですが、目で見て気持ちの良い色使い、聞こえる音など 五感に響く食事を心がけることで、健康が維持されるのではという発表でした。 仕事が忙しいと、デスクでそのまま食事ということもあるでしょうし、 家でもスマホやテレビを見ながら食事ということもあるかもしれませんが、 たまには、ゆったり時間をとって、音楽を楽しんだり、会話をしながら、 綺麗に盛り付けられた食事をすることもいいかもしれませんね。  

発表終了後には拍手が起こります

最初は「緊張する!」と言っていた生徒さんたちですが、 どの発表も考えさせられる深い内容ばかりで、さすがという感じです。 これからも生徒さんたちのQOLがどんどん向上していきますように。 英国アーユルヴェーダカレッジ 事務局
このエントリーをはてなブックマークに追加
    >>カレッジの日常 ページ一覧


  お客様ご相談窓口のご案内 TEL 0120-556-186 当スクールでは、アーユルヴェーダの学習にご興味のある方からのお問い合わせを歓迎しております。 ご不明な点は、どうぞお気軽にお電話ください。

アーユルヴェーダ入門セミナー

どんな入門書を読むよりも、アーユルヴェーダの基礎が理解できるおすすめのセミナーです。 あなたの体質・気質を判定し、それに応じた、セルフケア法もお伝えします。 >>入門セミナーの詳細 >>お申込みフォーム
  • 説明会・セミナーお申込
  • 資料請求
  • お問い合わせ

0120-556-186 受付時間 10:00-18:00 (月・金定休)

0120-556-186 受付時間 10:00-18:00 (月・金定休)

メルマガ「脳暦だより」登録

アーユルヴェーダの小話やスクール最新情報をお届けいたします。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)