TOP > スタッフブログ > 【カレッジの授業風景~総合プロコース第28期 解剖生理学 身体の部位の説明~】

みなさん、こんにちは。 今回ご紹介する授業は解剖生理学の授業です。 解剖生理学の授業は、 身体の構造や仕組みを知ることで、 セラピストになった際に、 お客様に的確にアドバイスできるようになるための 授業です。   覚えることがとても多い科目の一つなのですが、 今回は身体の部位の呼称について学びました。 解剖生理学では普段私たちが呼んでいる言葉とは 違う用語を使います。   たとえば、「首」は「頸(くび・ケイ)」、「お尻」は「臀部(でんぶ)」 「太もも」は「大腿(だいたい)」だったりします。 また、普段「足」と「脚」の違いを区別して使うことは少ないですが、 解剖生理学ではしっかり区別しています。 足は英語で言えば、「food」 のところ。つまり、くるぶしより先を「足」と呼びます。 脚はくるぶしより上の部分です。 つまり、「足やせしたーい!」なんてよく言いますが、 このときの「足やせ」は正確には「脚やせ」です。

  脚と足の違いについて話す浅井先生

このような説明を受けながら、解剖学上の呼称や分類を頭に叩き込んでいきます。 もちろん1日ですべてを覚えていくのは大変ですが、 最初の基礎のところなので、とても大切です。

  生徒さんはこれを全部覚えます( ;∀;)

これからの28期の学びが順調でありますように。 英国アーユルヴェーダカレッジ 事務局
このエントリーをはてなブックマークに追加
    >>カレッジの日常 ページ一覧


  お客様ご相談窓口のご案内 TEL 0120-556-186 当スクールでは、アーユルヴェーダの学習にご興味のある方からのお問い合わせを歓迎しております。 ご不明な点は、どうぞお気軽にお電話ください。

アーユルヴェーダ入門セミナー

どんな入門書を読むよりも、アーユルヴェーダの基礎が理解できるおすすめのセミナーです。 あなたの体質・気質を判定し、それに応じた、セルフケア法もお伝えします。 >>入門セミナーの詳細 >>お申込みフォーム
  • 説明会・セミナーお申込
  • 資料請求
  • お問い合わせ

0120-556-186 受付時間 10:00-18:00 (月・金定休)

0120-556-186 受付時間 10:00-18:00 (月・金定休)

メルマガ「脳暦だより」登録

アーユルヴェーダの小話やスクール最新情報をお届けいたします。

メールアドレス
お名前(姓)
お名前(名)